空き家に関する補助金:九州・長崎県・平戸市

平戸市の空き家に関する補助金制度

平戸市老朽危険空き家除却事業補助金

平戸市では、老朽危険空き家に対して、解体する場合に、その費用の一部に対して補助金を助成しています。

補助対象の要件

次の1~6の用件をすべて満たす建築物が、対象建築物となります。

  1. 平戸市内にある建物
  2. 空き家であること
  3. 半分以上が一般の住宅として使用されていたこと(店舗などの事業用は対象外)
  4. 構造が、木造であること
  5. 老朽化について100点以上と職員による判定が行われたもの
  6. 敷地が道路などに接しており、道路などに影響を及ぼす恐れがある建物

補助金の額

補助対象経費の80%の2分の1以内で、上限額が80万円です。ただし国の標準除却額との、いずれか少ない額となります。(消費税は、対象外となります。)

申請に係る注意点

  1. 付属の倉庫・車庫・牛舎・門・塀などは、補助の対象外となります。
  2. 市税の滞納がないこと。
  3. 事前着手は、補助対象になりません。
  4. 解体跡地は転売できません。(転売目的での補助金申請はできません。)
  5. 除却工事は、市内の許可業者に請け負わせること。
  6. 申請は1敷地1申請とし、複数棟ある場合でも、1件となります。
  7. 申請者が相続人、委任者などの場合は、証明する戸籍謄本、委任状などが必要です。
  8. 老朽などの調査を職員が事前に行い、対象建物の補助対象の可否を判定します。

詳しくは、平戸市役所 建設部 都市計画課 建築営繕班 にお問い合わせください。

 

平戸市移住定住環境整備事業補助金制度について

重点施策のひとつ「移住定住」を促進するため、本市へ移住・定住される新規転入者の住宅の取得費や改修費用、引越費用等に対し、補助金を交付します。また、すでに住んでいらっしゃる市内在住者で、本市に定住する意志をもって住宅を取得した場合に対しても補助金を交付します。

補助金制度の概要

新規転入者住宅取得支援事業

新規転入者で、転入後、5年以内に住宅を取得するもの
※平戸市職員並びにその同居の親族は、対象外

補助率および補助額
  1. 市内業者より建設された新築住宅 住宅取得費の10%または200万円のいずれか低い額((注1)グリーンヒルズ加算有り)
  2. 市外業者より建設された新築住宅 住宅取得費の5%または100万円のいずれか低い額((注2)グリーンヒルズ加算有り)
  3. 中古住宅 住宅取得費の7%または50万円のいずれか低い額
市内在住者住宅取得支援事業

市内在住者で、定住を目的として新たに住宅を取得するもの
※平戸市職員並びにその同居の親族は、対象外

補助対象住宅

市内業者により建設された新築住宅

補助率および補助額

住宅取得費の3%または30万円のいずれか低い額。ただし、高校生以下の児童・生徒が同居する場合、一人につき10万円を加算(注:グリーンヒルズ加算有り)

 

中古住宅改修費用支援事業

市の空き家バンク制度を利用して中古住宅(空き家バンク登録物件)を取得又は賃借した新規転入者で、平成27年4月1日以降に転入かつ定住を目的として平戸市に移住した人又は市内に中古住宅を所有している人
※平戸市職員並びにその同居の親族は、対象外

補助対象住宅

平戸市の空き家バンクに登録した物件で、居宅の用に供するため改修する経費および放置されていた家財道具の撤去費用。ただし、市の交付決定日以後の経費に限る。

補助率および補助額

補助対象経費の2分の1以内とし、50万円を限度とする。

Uターン者促進住宅改修支援事業

Uターン者で、平成24年4月1日以降に定住を目的として平戸市に移住した人またはその親族(2親等以内)で市内に住宅を所有している人
※平戸市職員並びにその同居の親族は、対象外

補助対象住宅

Uターンした移住者又はその親族(2親等以内)が所有する市内の物件で、移住者の居宅の用に供するため改修する経費。ただし、市の交付決定日以降の経費に限る。(対象物件は一戸建て住宅とし、市内業者が改修するものに限ります)

補助率および補助額

補助対象経費の2分の1以内とし、50万円を限度とする。

移住費用支援事業

新規転入者で、平成27年4月1日以降に転入かつ定住を目的として平戸市に移住した人
※平戸市職員並びにその同居の親族は、対象外

補助対象

市外から平戸市へ移住する際に生じる荷物運搬料および交通費(有料道路代、燃料費など)

補助率および補助額

補助対象経費の3分の2以内とし、20万円を限度とする。

詳しくは、平戸市役所 総務部 地域協働課 定住推進班 にお問い合わせください。

 

平戸市の空き家に関する制度

空き家情報登録制度~「平戸市空き家バンク」制度のご案内~

「空き家バンク制度」とは

この制度は、自分の持っている空き家を賃貸または売却してもいいという人と、平戸市への定住を目的として住宅を探している人にそれぞれ登録していただき、空き家の情報提供を通じて市内への移住・定住を推進し、地域の活性化および空き家の有効活用を図る制度です。

平戸市空き家バンク制度の概要

詳しくは、平戸市役所 総務部 地域協働課 定住推進班 にお問い合わせください。

 

 

出典:平戸市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ