空き家に関する補助金:関東・埼玉県・行田市

行田市の空き家に関する補助金制度

老朽空き家等解体補助制度について

近年、適切な管理が行われていない空き家等が増加しており、防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしているため、その内、特に危険な状態にあるもの(老朽空き家等)の解体をおこなう場合には、その費用の一部を補助をします。

補助対象となる老朽空き家等の要件

補助対象となる老朽空き家とは、次のすべてに該当する場合となります。

  • 市から、条例に基づく助言又は指導を受けたもの。
  • 当該老朽空き家及び同一敷地内の他の建築物並びにその敷地が、1年以上使用されていないもの。
  • 公共事業の保障の対象となっていないもの。
  • 所有権以外の権利が設定されていないもの。
  • 市が定める基準に基づき危険と判断されたもの。
  • 市から、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく勧告を受けていないもの。

補助対象者

補助申請を行える方は、次のすべてに該当する場合となります。

  • 老朽空き家の所有者又は相続人。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 過去に当該補助制度を利用していないこと。

補助金の額

補助金の額は、次のとおりです。

  • 解体工事に要した費用(※補助対象老朽空き家の床面積1平方メートルにつき、1万円を限度とする。)の1/2以内で、上限50万円となります。(1000円未満の金額は切り捨て)

補助対象となる工事

補助対象となる解体工事の方法は、次のすべてに該当する場合となります。

  • 補助対象者が発注する対象老朽空き家等の解体、撤去及び処分に係る工事であること。
  • 建設業法の許可(土木工事業など)又は建設リサイクル法の登録を受けたものが行う工事であること。
  • 行田市老朽空き家等解体補助金交付決定通知の日以降に着手する工事であること。

詳しくは、行田市役所 都市整備部 建築開発課 建築指導担当 にお問い合わせください。

 

行田市の空き家に関する制度

現在、行田市の空き家に関する制度は、確認されていません。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ