空き家の関する補助金:九州・熊本県・天草市

天草市の空き家に関する補助金制度

空き家活用事業補助金

 市では、天草市への定住を促進し、人口の増加及び地域の活性化をはかるため、空き家の所有者、もしくは空き家を購入または賃借した者に対して、「空き家活用事業補助金」を交付しています。

【対象】

(1) 所有者であって、次のいずれにも該当する者
ア 移住者との間で、空き家について売買契約又は賃貸借契約を行っている者
イ 契約した日の翌日から起算して180日を経過していない者
ウ 市税等の滞納がない者
エ 移住者に賃貸住宅として3年以上提供する者。ただし、当該家屋を賃貸後に移住者へ売却した場合は、この限りでない。
※所有者に係る補助金の交付回数は、同一の空き家に対して、1回限りとする。 
 
(2) 空き家を購入又は賃借した者であって、次のいずれにも該当する者
ア 補助金の交付申請時点において、本市の住民基本台帳若しくは外国人登録原票(以下「住民基本台帳等」という。)に登録されていない者又は本市に転入して180日を経過していない者
イ 空き家の改修等の実施後30日以内に本市の住民基本台帳等に登録し(既に登録している者を除く。)、かつ、天草市に3年以上居住する意思がある者
ウ 自らの負担で空き家の改修等をしようとする者
エ 過去にこの補助金を受けたことがない者

 

【補助金の額】

 補助対象経費の2分の1以内で、100万円を上限として、予算の範囲内で市長が定める額。但し家財道具の搬出、処分のみの場合は補助対象経費の2分の1以内で、20万円を上限とする。

【補助金の対象経費】

  空き家の給排水施設、風呂、台所、便所、屋根等改修に係る費用及び家財道具の搬出、処分に要する費用

詳しくは、天草市役所 地域振興部 地域政策課 定住促進係 にお問い合わせください。

 

老朽危険家屋の解体費用補助

■対象家屋

市内にある家屋のうち、老朽化し倒壊などの恐れがあり、隣家や通学路などに危険をおよぼす可能性がある家屋で、市が実施する事前調査で老朽危険家屋と判定されたもの。
※すでに解体された建物は補助金の対象になりません。
※家屋に所有権以外の権利が設定されている場合で、権利者から解体の同意を得られない場合は対象になりません。

■対 象

市税などの滞納がなく、次のいずれかに該当する人。
(1)補助対象となる危険家屋の所有者またはその相続権利者。
(2)(1)の人から同意を得た、敷地の所有者またはその相続権利者。
(3)(1)の人から委任を受けた人。

■補助金額

補助対象経費(解体工事費など)の2分の1以内で、上限50万円(千円未満は切り捨て)。
※家屋内の家具の撤去や、立木の伐採、塀の撤去などにかかる費用は対象経費となりません。

■予定戸数

40戸程度。
 
詳しくは、天草市役所 建設総務課 にお問い合わせください。
 

天草市の空き家に関する制度

空き家バンク制度

天草市では、市内にある“空き家”や“空き地”の情報を、移住・定住を希望する都市住民など(天草島外に在住の人)に提供するため、『空き家等情報バンク制度(要綱はこちら)』を設けています。
「天草に住んでみたい」「田舎でゆっくり、のんびり過ごしたい」と考えている人は、ぜひ同制度をご利用ください。
また、市内に空き家や空き地を所有している人で、都市住民への貸し出しや売却が可能な人は、空き家等情報バンクに登録をお願いします。

※天草島内(上天草市及び苓北町)にお住まいの方へのご紹介は行っておりません。        

空き家等情報バンク制度の手続きの流れ

「天草市空き家等情報バンク制度」イメージ図
手続きフロー図
※市は交渉・契約に関する仲介は行っておりません。

詳しくは、天草市役所 地域振興部 地域政策課 定住促進係 にお問い合わせください。

 

出典:天草市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ