那須烏山市では、住宅の安全性・耐久性及び居住性の向上を図るとともに、市内の住宅関連産業を中心とする地域経済の活性化を図るため、市に登録した市内施工業者により住宅のリフォーム工事を行う場合に、工事費の一部を助成金として交付します。

この機会に本制度をご利用いただき、住環境の向上にご活用ください。

助成対象者と対象住宅

  住宅リフォーム助成金は、市民の居住する住宅又は空き家バンク住宅を取得後のリフォーム工事を助成するものです。

 

①市民の居住するリフォーム工事の場合

助成対象者 助成対象住宅
(1)1年以上継続して助成対象住宅に居住しリフォーム工事を行う市民

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

 

(1)市内に存する、市民の居住する住宅であること

(2)貸付け住宅でないこと

(3)建築後5年を経過している住宅であること

(4)過去5年以内に市の住宅リフォーム助成金又は市の災害復旧支援金の対象となった住宅でないこと

②空き家バンク住宅取得後のリフォーム工事の場合

助成対象者 助成対象住宅
(1)空き家バンク住宅を取得して、定住のためにリフォーム工事を行う市民

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

(1)市の空き家等情報バンク制度に登録された住宅であること

③50歳以上の転入者が住宅を取得した後のリフォーム工事の場合 

助成対象者 助成対象住宅
(1)50歳以上の転入者が住宅を取得して、定住のためにリフォーム工事を行う方

(2)リフォーム工事を行う市民とその世帯員に市税等の滞納がないこと

(1)市内に存する住宅で、市民の居住する住宅であること

(2)貸付住宅ではないこと

(3)建築後5年を経過している住宅であること

 

 助成対象となるリフォーム工事

 助成対象となるリフォーム工事は、以下の全てを満たす工事となります。

①市に登録した市内施工業者が行うリフォーム工事であること

②助成対象工事が30万円以上(消費税等含む)であること

③平成33年3月末日までに完了する工事であること

助成金額

 30万円以上(消費税等含む)の助成対象工事の10%(上限10万円)を助成金として交付します(1,000円未満の端数は切り捨てた額となります)。

詳しくは、那須烏山市役所 まちづくり課 にお問い合わせください。