空き家に関する補助金:中国・山口県・下関市

危険空き家解体費用の補助制度

下関市では、市民生活の安全・安心と良好な生活環境を確保し、土地の有効活用を通じ、持続可能で魅力あるまちづくりを図るため、危険家屋の解体(除却)に要する費用の一部を補助しています。

(1)対象となる家屋

次の条件をすべて満たす家屋で、不良度判定評点が基準を満たし、かつ、周辺への危険度があるものが補助の対象となります。

  • 常時無人な状態にあり、適正に管理されていないことにより、倒壊又は建築材等の飛散のおそれのあるもの。
  • 市内に存する建築物(共同住宅を除く)で床面積の2分の1以上が居住の用に供されていたものであること。
  • 木造であること。
  • 個人が所有するものであること。
  • 所有権以外の権利が設定されていないものであること。ただし、権利者から解体についての同意があればこの限りではありません。

(2)補助対象者

次のすべてに該当する方(法人は除く)が対象者となります。

  • 危険家屋の所有者又は危険家屋が存する敷地の所有者 (相続人を含みます。)
  • 下関市の市税の滞納がない方
  • 暴力団員でない方又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有しない方

(3)補助対象経費

市内に本店、支店、営業所、事業所等を有する解体業者に依頼して行い、解体業者に支払った危険家屋の除却工事の費用。ただし、家屋の一部を除却する工事(長屋の一部の住戸を除却する工事を除く。)、他の制度等に基づく補助金等の交付の対象となる工事の費用は補助対象経費に含みません。

(4)補助金の額

補助対象経費に2分の1を乗じて得た額で、最大50万円までです。

詳しくは、下関市のホームページを参照してください。

除去(解体) イメージ

除去(解体) イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ