新城市

新城市の空き家に関する補助金制度

新城市空き家改修事業補助金

新城市空き家バンクを通して、空き家を売買又は賃貸借された所有者又は入居者の方を対象に、予算の範囲内で改修事業費について補助金を交付します。

補助金の交付については、条件がありますので、「新城市空き家改修事業補助金交付要綱」を必ず確認してください。
なお、交付申請の期限は契約を締結することが確かとなった日又は契約日から起算して1年以内ですので注意ください。

補助対象者

空き家バンクを通じて売買又は賃貸借した補助対象住宅の所有者または入居者

補助対象事業

補助対象住宅について市内業者 が施工する改修等で、次に掲げるものとする。

⑴ 居室、台所、浴室、便所、洗面所等の改修等

⑵ 屋根、外壁等の改修等

⑶ その他市長が必要と認める改修等

補助金の額

補助対象事業に 要した経費総額に2分の1を乗じて得た額とし、30万円を上限とする。

詳しくは、新城市役所 建設部 都市計画課 にお問い合わせください。

 

新城市の空き家に関する制度

新城市空き家情報登録制度(新城市空き家バンク)

市では空き家の有効活用を通して、移住・定住の促進による地域の活性化を図るため、『新城市空き家登録制度』を運用しています。

新城市空き家バンクとは

  1. 目的
    市内の空き家等の有効活用を通して、移住及び定住の促進による地域の活性化を図ることを目的としています。
  2. 概要
    市内に存在する空き家の賃貸又は売却を希望する所有者が空き家バンクへ登録し、その内容を市のホームページ等で入居を希望する方へ情報提供するものです。
    また、新城市空き家バンクでは、物件の所在する地域の情報(希望地域のみ)を掲載しています。
  3. 空き家とは
    個人が住居を目的として建築し、かつ、現に居住していない市内に存在する建物または居住しなくなる予定の市内に存在する建物及びこれらの敷地のことを言います。ただし、もともと賃貸又は分譲を目的として建築した建物及びこれらの敷地は除きます。
    なお、店舗、法人名義、集合住宅は登録できません。

詳しくは、新城市役所 建設部 都市計画課 にお問い合わせください。

 

出典:新城市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ