空き家に関する補助金:東北・山形県・朝日町

朝日町の空き家に関する補助金制度

空き家バンクの補助金等について

朝日町では、空き家を利用される皆さんの負担を軽減し、より多くの方々に空き家を利用していただくため、空き家の改修や片付け等に対する支援を行っております。

「空き家等改修支援事業補助金」

 空き家バンクを介して、売買もしくは賃貸借契約をされ、空き家の改修工事を行う場合は、その費用の一部を助成します。

対象工事  台所・トイレ・浴室・洗面所などの水回りの改修

内装・屋根・外壁などの改修

補 助 率  2分の1 (上限50万円)

詳しくはこちらをご覧ください→空き家等改修支援事業補助金制度のご案内 [PDFファイル/95KB]

要綱はこちらから→要綱 [PDFファイル/167KB]

「空き家等バンク利用促進補助金」

 空き家バンクに登録された物件の利用を促進するため、空き家等の片付け等に係る費用に対し助成します。

【 対象事業 】

 (1)空き家等バンク登録物件に現存する家財道具の搬出及び処分

  具体例としては、クリーンセンターや業者にゴミの処分を依頼する際の手数料や、運搬に要するコンテナやトラックなどの賃借料などに必要な経費です。(売却して収入を得る場合は対象外です)

 (2)空き家等バンク登録物件の清掃または樹木の伐採

  事業に要する経費としては、家屋や小屋の清掃などを事業者に委託する経費、敷地の樹木の伐採の経費その他必要な経費です。

  1件あたり、30,000円または事業費(実際にかかる金額)のいずれか低い額になります。また、この補助金を使用できるのは、1回限りです。

  詳しくはこちらをご覧ください→空き家等バンク利用促進補助金のご案内 [PDFファイル/162KB]

  要綱はこちらから→要綱 [PDFファイル/176KB]

詳しくは、、朝日町役場 政策推進課 総合戦略係 にお問い合わせください。

 

朝日町住宅リフォーム総合支援事業補助金

住宅のリフォーム等工事について、費用の一部を支援します。

交付の対象者

  1. 補助金申請時において、持家に住所を有する方。ただし、持家に住所を有していない場合は、完了報告から1年以内にこの持家に居住する方
  2. 県内業者と工事請負契約をする方
  3. 申請年度の3月31日までに完了報告ができる方
  4. 町税等に滞納がない方

補助金額

  1. リフォーム等工事に要する費用の10%(上限20万円)
  2. 県産木材を3㎥以上使用または空き家のリフォーム等工事の場合、要する費用の10%(上限30万円)
  3. 以下に該当する世帯の場合は、上記の補助率「10%→20%」、上限額「20万円→30万円」、「30万円→40万円」に引上げる。
世帯要件
   世帯区分 要件
三世代世帯 3以上の世帯が同居している世帯で、平成11年4月2日以降に生まれた世帯員がいる世帯
移住世帯 平成28年4月1日以降に山形県外から朝日町内に住み替えた世帯
近居世帯 平成28年4月1日以降に親世帯と子世帯の居所が新たに近居区域(親世帯と子世帯の居所の直線距離が2km以下である区域、または、親世帯と子世帯の居所が同一小学校の通学区域内である区域)内になった世帯をいう。
新婚世帯 婚姻した日から1年以内の世帯
子育て世帯 平成11年4月2日以降に生まれた世帯員が3人以上いる世帯

4.算定にあたっては、1万円未満の端数は切り捨てるものとする。

詳しくは、朝日町役場 建設水道課 整備係 にお問い合わせください。

 

朝日町の空き家に関する制度

「空き家バンク」の目的

町内にある空き家を有効活用して、町内への定住の促進を図ることを目的とするものです。

「空き家バンク」の運用

町内にある空き家の賃貸や売却を希望する所有者等から申し込みを受け、「空き家バンク」に登録された物件の情報を町ホームページ等で公開することにより、町内に移住を希望する方に対して情報提供を行います。

詳しくは、朝日町役場 政策推進課 総合戦略係 にお問い合わせください。

 

出典:朝日町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ