空き家に関する補助金:四国・徳島県・勝浦町

勝浦町老朽危険空き家除却支援事業

勝浦町では、町内の老朽化して危険な空き家の除却(解体)を行う場合、その費用の一部を補助しています。

補助対象となる条件

・地震時等に倒壊した場合に、前面道路を1/2以上閉塞し、避難等に支障をきたすおそれのある空き家であること。

・国土交通省の定める不良住宅の測定基準(「構造一般の程度」及び「構造の腐朽又は破損の程度」及び「防火上又は避難上の構造の程度」)において評点が200点中100点以上となり、老朽危険空き家として認められる物件であること

・町が是正指導をした物件であること

・事業実施の際に居住されていない空き家で、今後も居住の用に供する見込みのない空き家であること。

・除却(解体)工事は、町内に本店又は支店等の事務所を有する建設業者等が行うこと。

・空き家の除却後の跡地は、雑草等の繁茂や不法投棄等がなされないよう適正に管理ができること。

・所有者等が町税の滞納がないこと。

補助金の額

除却(解体)及び処分に要する経費の4/5以内で上限80万円

(※家財道具、機械、車両等の処分に係る経費は補助対象外)

詳しくは、勝浦町のホームページを参照してください。

除去(解体) イメージ

除去(解体) イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ