空き家に関する補助金:関東・栃木県・足利市

足利市の空き家に関する補助金制度

現在、足利市の空き家に関する補助金制度は、確認されていません。

足利市の空き家に関する制度

マイホーム借上げ制度 ~空き家・持ち家を活用しませんか~

 人口の減少や住宅の供給過剰を背景として、空き家の増加が全国的な問題となっており、本市においても高齢化が進む中で、今後、空き家の更なる増加が懸念されています。

 このような中で、空き家の有効活用と高齢者等の住み替えを支援するため、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(Japan Trans-housing  Institute=jti)と連携し、マイホーム借上げ制度の相談・取次業務を始めました。

※一般社団法人移住・住みかえ支援機構

平成18年に設立された非営利法人で、国土交通省が管轄する(財)高齢者住宅財団の住替支援保証業務の事業実施主体として認可を受けて、公的移住・住みかえ支援制度の実施・運営に当たっている国内唯一の団体(以下jtiと略記)

 ◆対 象

 50歳以上の方が所有する、昭和56年6月以降の新耐震基準を満たしている住宅(アパート等の事業用物件を除く)

 ※新耐震基準前の住宅の場合、jtiが指定する耐震診断を受け一定の耐震性があると判断されるか、または、所要の耐震補強工事を実施済であること。

 ◆内 容

 jtiが住宅を最長で終身にわたって借り上げて転貸し、安定した賃料収入を保証します。これにより、自宅を売却することなく、住み替えや老後の資金として活用することができます。

 ◆制度の特徴

 ▼賃貸人のメリット

 1)1人目の入居者が決定した以降は、空き家となった時も、既定の賃料収入が保証されます。

 2)入居者とは3年ごとの定期借家契約であるため、3年ごとの契約の満了や空き家となった時点で、jtiとの契約を解約し、再び家に戻ることもできます。

 3)jtiが借り上げて責任を持って転貸するので、賃貸人が入居者と直接関わることがなく、家賃の未払いや家の不適切な使用など、入居者とのトラブルについては、jtiが賃貸人に代わって対応します。

 ▼転借人(入居者)のメリット

 1)定期借家契約であることから、市場の相場より1割~2割安い家賃で借りることができます。

 2)一般の賃貸で必要となる敷金や礼金がありません。

 3)賃借人の事前承諾により、入居者自身の負担で、畳・建具・壁紙・流し台など、住宅の躯体・構造に影響を与えない部部に限りリフォームすることもできます。

詳しくは、足利市役所 都市建設部 建設住宅課 にお問い合わせください。

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ