空き家に関する補助金:関西・京都府・京都市

京都市空き家活用・流通支援等補助金

京都市では、これまで利用していなかった空き家の活用や流通を促進するとともに、まちづくり活動拠点など、地域の活性化等に寄与する活用を支援するため、「京都市空き家活用・流通支援等補助金」制度を創設しました。

補助金は,以下の2種類あります。

・活用・流通促進タイプ

1年以上,居住者又は利用者がなく,賃貸用又は売却用でない空き家を,活用又は流通させようとする場合,改修工事や家財の撤去にかかる費用の一部を補助します

補助対象工事

空き家の改修や家財の撤去費が補助対象になります!

(1)台所,浴室,洗面所又は便所の改修

(2)給排水,電気又はガス設備の改修

(3)壁紙又は床の仕上げ等の内装の改修

(4)屋根又は外壁等の外装の改修

(5)耐震性が向上する工事(土台又は柱等の修繕など)

(6)家財の撤去

(7)上記以外で市長が必要と認めるもの

補助金額

補助対象となる改修工事にかかる費用の2分の1

上限額は30万円(京町家等の場合は,60万円

・家財の撤去に係る費用は,申請額を補助額とし,上限5万円

(ただし,家財の撤去額も含め上限30万円又は60万円を上限とする。)

・特定目的活用支援タイプ

現に居住者又は利用者がいない空き家を,まちづくり活動拠点等(地域の居場所づくり,留学生の住まい等)として活用する場合,改修工事や家財の撤去にかかる費用の一部を補助します。

補助対象工事

空き家の改修や家財の撤去費が補助対象になります!

(1)台所,浴室,洗面所又は便所の改修

(2)給排水,電気又はガス設備の改修

(3)壁紙又は床の仕上げ等の内装の改修

(4)屋根又は外壁等の外装の改修

(5)耐震性が向上する工事(土台又は柱等の修繕など)

(6)まちづくり活動拠点等として活用するために必要となる造作工事

(7)家財の撤去

(8)前各号に掲げるもののほか,市長が必要と認めるもの

補助金額

・補助対象となる改修工事にかかる費用の3分の2

・上限額60万円(京町家等の場合は,90万円

・家財の撤去に係る費用は,申請額を補助額とし,上限5万円

(ただし,家財の撤去額も含め上限60万円又は90万円を上限とする。)

詳しくは、京都市のホームページを参照してください。

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ