空き家に関する補助金:東北・青森県・つがる市

つがる市の空き家に関する補助金制度

空き家バンク登録推進奨励金

つがる市では、空き家の適正な管理及び活用の促進を図るため、空き家所有者が空き家の売却又は賃貸借を行うため不動産業者を仲介とし、五所川原圏域空き家バンクに登録した場合、その物件の所有者に対して予算の範囲内において奨励金の交付を行います。

交付対象者

空き家バンクに物件登録した空き家の所有者であって、次の要件をすべて満たす者

(1)市税の滞納がないこと

(2)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、同上第6号に規定する暴力団員又は暴力団員と密接な関係を有し、若しくは社会的に非難される関係を有する者が含まれていないこと

交付額

5万円

※1の登録物件に対して1回限りとします。

詳しくは、つがる市役所 総務部 企画調整課 地域創生対策室 にお問い合わせください。

 

つがる市の空き家に関する制度

五所川原圏域空き家バンク

五所川原圏域空き家バンクとは、空き家を売りたい・貸したい人(空き家登録者)の物件を、居住するために空き家を購入・賃借したい人(利用希望者など)に紹介するための仕組みです。空き家の有効活用などを図り、五所川原圏域定住自立圏(五所川原市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町)への定住促進や空き家の流動化を図ることを目的としています。

空き家バンクの運営

圏域の自治体と協力事業者(宅建事業者)が連携して行います。所有者から登録申請申し込みを受けた空き家を調査し、その情報を自治体ホームページ上に公開いたします。
物件の調査等は、圏域の中心市(五所川原市)と協定を結んだ宅建業者が行います。

空き家バンクの登録から契約までの主な流れ

1 空き家バンク登録申請書に必要書類を添えて提出してください。

2 宅建業者による物件調査後に審査し空き家バンクに登録いたします。

3 自治体ホームページで登録した物件情報を公開いたします。

4 宅建業者の仲介のもと契約を締結します。

【注意事項】

  • 成約時は仲介手数料が発生いたします。
  • 自治体は物件の交渉・契約の締結に一切関与いたしません。

詳しくは、つがる市役所 総務部 企画調整課 地域創生対策室 にお問い合わせください。

 

出典:つがる市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ