空き家に関する補助金:北海道・苫小牧市

苫小牧市の空き家に関する補助金制度

空家等解体補助金

対象者(次の全てに該当する方)

 ① 空家等の所有者等。
(所有者及び相続人が複数いる場合は、その全員から同意を得ること。)
② 前年所得額が220万円以下であること。
(所有者及び相続人が複数いる場合は、その全員の前年所得額が220万円以下であること。)
③ 市税の滞納がないこと。
④ 暴力団及び暴力団員と密接な関係を有しない者。 

対象の空き家(次の全てに該当する空き家)

 ① 苫小牧市内に存在すること。
② 昭和56年5月31日以前に建築されたものであること。
③ 個人が所有する共同住宅を除く建物で、現在、居住されていない建物。
④ 違法建築物ではないこと。
⑤ 所有権以外の権利が設定されていないこと。(抵当権等)
⑥ 国や他の地方公共団体等による他の補助金等の交付を受けていないこと。
 

 対象工事(次の全てに該当する工事)

 ① 空き家を含む敷地内の全て建物を解体し、所在地を更地にすること。
(塀、水道、基礎、その他埋設物を含む)
② 苫小牧市内に本店、支店又は営業所等を有する、解体事業者等に請け負わせるもので
あること。
※解体事業者等・・・土木工事業、建築工事業又は解体工事業の許可を北海道知事から
受けた事業者。
③ 翌年2月末日までに工事が完了すること。

補助金額

 ・工事費の1/2(上限50万円)

詳しくは、苫小牧市役所 市民生活部 市民生活課 にお問い合わせください。

 

苫小牧市の空き家に関する制度

現在、苫小牧市の空き家に関する制度は確認されていません。

 

出典:苫小牧市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ