空き家に関する補助金:北海道・本別町

本別町の空き家に関する補助金制度

老朽空き家住宅の解体費用を助成

本別町では、老朽空き家住宅の解体を促すため、解体にかかる費用の助成制度を創設しています。この制度は、町が実施する実態調査により、周辺への影響度が高い老朽空き家住宅の解体を対象としています。

対象となる住宅

次のいずれかの理由により、隣接者の生命、身体または財産や周囲の生活環境に被害を及ぼす恐れがある管理不良な住宅で、住宅地区改良法第2条第4項に規定する不良住宅に該当するもの。

  1. 老朽化または自然災害による倒壊および建築材料が飛散するなどの住宅
  2. ねずみや昆虫等が相当程度に繁殖している住宅

助成の対象者

次の要件を満たす人。

  1. 町内にある老朽空き家住宅の個人所有者または法廷相続人の代表者
  2. 町税等に滞納がない人
  3. 暴力団員など反社会的勢力でない人

その他

本制度は、一般的な空き家解体に対する助成制度ではありません

詳しくは、本別町役場 建設水道課 にお問い合わせください。

 

住宅改修等助成事業

 助成金額

  • 対象工事費(税抜)合計が30万円以上のもの:10万円
  • 空き家バンクに登録され、耐震基準を満たした空き家住宅を賃借または購入する人で対象工事費(税抜)合計が100万円以上のもの:30万円

※助成金額のうち5万円については町内で使用できる地域商品券で助成します

対象者

次の条件を一つ満たす人

  • 町内に住所を有し、リフォームを行う住宅の個人所有者で、かつ、その住宅に居住している人
  • 個人所有の一戸建て賃貸住宅に居住している町内に住所を有する個人借主の人
  • 個人所有の一戸建て空き家住宅(空き家バンク登録で概ね3か月以上空き家)の所有者と平成30年4月1日以降に売買または賃貸借契約をしてから1年以内に改修工事等を行う人で、かつ入居時に本町に住民登録を行っている個人の人

次の条件を全て満たす人

  • 賃貸住宅及び空き家住宅の所有者が、法人、不動産業、給与住宅の所有者でなく、申請者の3親等以内の親族でないこと。
  • 申請者本人が、町税や町に納付すべき公共料金を滞納していないこと。
  • 申請者本人が暴力団員でなく及び暴力主義的破壊活動を行う団体に所属する等の反社会的勢力でないこと。

詳しくは、本別町役場 建設水道課 にお問い合わせください。

 

本別町の空き家に関する制度

とかち東北部移住サポートセンター

北海道の「とかち東北部三町」(本別町、足寄町、陸別町)では、地方創生の取り組みにおいて、首都圏から地方への新しい人の流れをつくり出すため、移住等希望者からの相談受け付けや受け入れなど必要なサポートを行う「とかち東北部移住サポートセンター」を平成28年7月1日に開設しました。

空き家・空室情報

本別・足寄・陸別町内にあり、現状で生活可能な空き家(アパート含む)で賃貸または売買可能な住宅の情報を提供しています。

詳しくは、とかち東北サポートセンター にお問い合わせください。

 

出典:本別町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ