空き家に関する補助金:東北・山形県・大蔵村

大蔵村の空き家に関する補助金制度

大蔵村住宅リフォーム補助制度

次の5分野のいずれか一つを含むリフォームで、村内又は県内業者施工の工事を補助対象とします。

部分補強(耐震化)・省エネ化・克雪化・バリアフリー化・ 県産木材の利用

○補助金額

村内業者の場合  工事費の20%で上限50万円

県内業者の場合  工事費の10%で上限20万円

詳しくは、大蔵村役場 地域整備課 維持管理係 にお問い合わせください。

 

大蔵村の空き家に関する制度

空き家バンク

「空き家バンク」の目的

近年、村内でも空き家が見受けられます。空き家のままにしておくと、防犯、防災、景観の面でも好ましくありません。

村内の空き家などの有効活用を通して、大蔵村に住んでみたいと考えている方や、団塊の世代の退職者の方などを地域に呼び込み、移住促進、地域の活性化を図るため、空き家バンク制度を設けました。

「空き家バンク」の運用

はじめに、村内の空き家の賃貸、売却を希望する所有者から、申し込みを受け付けます。その後、「空き家バンク」に登録された建物の情報を村ホームページ、広報などにより、村内に移住を希望する方に対し、情報の公開を行います。

「空き家バンク」の流れ

空き家バンクのイメージ

詳しくは、大蔵村役場 総務課 危機管理室 危機対策係 にお問い合わせください。

 

出典:大蔵村ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ