空き家に関する補助金:東北・山形県・金山町

金山町の空き家に関する補助金制度

金山町修景形成助成金制度

危険な空き家や景観を阻害している空き家の除去を支援!

対象者

管理不全な空き家等の所有者等や、所有者等から委任を受けた方・相続人、管理人等がいないなど町長が必要と認めた方

対象となる空き家(すべてに該当)

1.管理不全な空き家又は景観を阻害しているものと町長が認める空き家で、いずれも故意に適正管理義務等を怠ったものでないこと

2.所有権以外の権利等(抵当権等)が設定されていないもの

3.町の経済対策に寄与するため、除去(解体・撤去・廃棄物処理等)を金山町内の事業所に依頼して行うもの

4.公共事業の移転、補償の対象となっていないもの

助成額

除去に必要と認められる経費の1/3以内(上限50万円)

詳しくは、金山町役場 町民税務課 くらし安全係 にお問い合わせください。

 

金山町住宅リフォーム 総合支援事業

補助の対象者は?

金山町に住民登録し、居住(予定含む)し、かつ当該住宅等を所有する方。
※「空き家」を個人間で売買契約又は賃貸借契約した場合も、要件を満たすと該当する場合があります。

■ 対象となる工事等は?

▼リフォーム等工事

県内又は町内業者による住宅等のリフォーム等工事のうち、次の6つの要件工事のいずれかを含み、かつ
下記の区分に応じた基準点以上のもの。取付工事を伴う建築設備も補助対象となります。

① 減災・部分補強工事 ➡ 既存壁を筋交いや構造用合板で補強する工事など
② 寒さ対策・断熱化工事 ➡ 壁等に断熱材の使用、窓を2重サッシにする工事など
③ バリアフリー化工事 ➡ 洋式トイレへの交換や手すりを設置する工事など
④ 県産材使用工事 ➡ 使用する木材がやまがたの木認証材である工事
⑤ 克雪化工事 ➡ 雪止めの設置及び更新する工事など
⑥ 三世代世帯増築・増設工事 ➡ 居間の床面積の合計が工事前より 10 ㎡増加する工事など
※必要な基準点の合計は下記のとおり。(詳細は事前にご相談ください。)
○リフォーム等の総工事費(消費税除く)が50万円以上⇒10点以上
○リフォーム等の総工事費(消費税除く)が50万円未満⇒ 5点以上

▼耐震改修工事

県内又は町内の施工業者による耐震改修工事のうち、耐震調査・診断によって耐震評点が0.7未満の木
造住宅を0.7以上に引き上げる工事であるもの。

■ 補助金額はどのくらい?

▼リフォーム等工事

○県内施工業者との請負契約による工事の場合
対象となる総工事費(消費税抜き)の10%で、上限が20万円
○町内施工業者との請負契約による工事の場合
対象となる総工事費(消費税抜き)の20%で、上限が40万円
※いずれも千円未満の端数は切り捨て
※県産材を3㎥以上使用する場合や空き家リフォームを行う場合は、上限が60万円
◎町内施工業者との請負契約による工事の場合 ⇐平成31年度から!
※移住世帯+多子世帯+空き家活用などの場合
対象となる総工事費(消費税抜き)の60%で、上限が100万円

▼耐震改修工事

○県内(町内)施工業者との請負契約による工事の場合
対象となる総工事費(消費税抜き)の50%で、上限が80万円
※千円未満の端数は切り捨て ※リフォーム等工事との併用が可能

詳しくは、金山町役場 環境整備課 景観係 にお問い合わせください。

 

金山町の空き家に関する制度

現在、金山町の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:金山町ホームページより

 

 電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ