空き家に関する補助金:信越・長野県・小諸市

小諸市の空き家に関する補助金制度

空き家バンク登録・利用促進補助金

空き家バンク(小諸市空き家等情報登録制度)に登録した空き家の家財道具の撤去や生活するために必要な改修工事等に要した費用の一部を助成します。

【対象者】

①空き家バンクに登録した住宅の所有者
②税の滞納がない者

【助成額】

費用の1/2以内で最高5万円

【加算額】

市内に事務所を有する法人又は市内に住所を有する個人事業主が施工した場合 費用の1/2以内で最高5万円

詳しくは、小諸市役所 経済部 商工観光課 にお問い合わせください。

 

空き店舗等活用創業支援事業補助金

空き店舗等活用創業支援事業とは

小諸市内の空き店舗、空き家等を活用して店舗を新規に開設する方を対象に、店舗改修費の一部を支援する制度です

補助対象経費及び補助率

キャプション
補 助 対 象 経 費 補 助 率
1. 空き店舗等の改修費又は新改築費、

附帯施設の設置に要する経費

 

1・2合計額の3分の1以内

(ただし30万円を限度とする)

2. 空き店舗等の購入費

(土地代は除く)

※附帯施設について…建物と一体となっている業務用空調、給排水、厨房、業務用大型機器、トイレ、看板、戸棚、カウンター等

店舗に併設された事業用倉庫(駐車場は除く)

※居ぬき購入にかかる費用一切は補助対象外

補助対象者

  1. 対象業種は小売店、飲食店、サービス業、学習塾(風営法に規定するものを含み、一部対象外業種あり)
  2. 対象者は事業を営んでいない方もしくは、事業を営んでいない方が新たに会社を設立し市内において新規で開業する方

補助要件

  1. 3ヶ月以上の間空いている状態の空き店舗又は事務所、空き家、空き地であること
  2. 空き家は市の管理する空き家情報登録制度に登録されていること
  3. 3年以上営業すること
  4. 市区町村税に滞納がないこと
  5. 空き店舗の貸し手と借り手が直系親族または2親等以内の傍系親族でないこと
  6. 空き店舗の貸し手と借り手の生計が一でないこと
  7. 内装リニューアル等の意図的・一時的な閉店でないこと
  8. まちづくり協定締結地区において建物の外観が変わる場合は、地域の歴史、文化性を尊重し、街並み、景観に配慮すること
  9. 小諸市補助金交付規則の規定に従うこと
  10. 店舗が所在する区域の商店街団体及び小諸商工会議所に加入すること
  11. 空き店舗の改修又は新改築及び付帯施設の設置を行う施工業者は、市内に事業所を有する者又は市内に住民登録がある個人の事業主とすること
  12. 小諸商工会議所経営指導員の指導を受けること
  13. 補助事業終了時までに小諸市に住民登録していること

詳しくは、小諸市役所 経済部 商工観光課 にお問い合わせください。

 

住宅取得の補助金(小諸市定住促進補助金)

【補助対象者】

  • 小諸市に住宅を建築または購入し、その住宅に5年を超えて居住しようとする方
  • その住宅の所有者
  • 住宅の取得までに住民登録ができる方
  • 税等の滞納がない方
  • 中古住宅を購入する場合は、前所有者が三親等以内の親族又は、姻族でない方

【補助対象住宅】

  • 専用住宅、店舗等併用住宅(店舗等の用に供する部分を除く)で、個人が所有し、自己の居住の用途に供する建物
  • 平成28年4月1日以降に住宅建築工事請負契約(一番最初に締結した契約、原契約)をした新築住宅
  • 平成28年4月1日以降に購入した中古住宅
  • 居室、調理室、便所、浴室を備え、居住の用に供する部分の床面積の合計が50㎡以上の建物
  • 平成31年3月31年までに建築が完成できる建物 (平成28年度中に申請した方は平成30年3月31日まで)

【補助対象経費】

  • 土地の代金を除く新築住宅、中古住宅の取得費
  • 補助対象者が県外からの移住者の場合は、定住のための引っ越し作業に係る経費
  • 補助対象者が県外からの移住者で小諸市へ定住後も北陸新幹線を利用して東京へ通勤する場合の東京-佐久平間の新幹線通勤定期購入経費
  • 三世代同居改修住宅工事費用※1 の合計額が50万円を超える工事費

 ※1 三世代同居改修住宅工事とは、調理室、浴室、便所、玄関のいずれかを増設する工事で改修後、2つ以上が複数となる工事をいう。

【補助金額】

 住宅購入費用の1/2以内であり、補助対象者によって上限額が変わります。

〇新築住宅 最大25万円

  ・基本額 10万円

  ・加算額 ① 中学生以下の扶養する子と同居する場合 一人当たり5万円(最大10万円)

        (世帯全員の住民票の写しで、続柄を確認させていただきます。)            

       ② 三世代同居住宅※2の場合 5万円

         ※2 三世代同居住宅とは、親、子、孫等の三世代以上の者が同居し、調理室、浴室、便所、

            玄関のいずれか2つ以上が複数ある一戸建て住宅、若しくは、同一敷地内又は、隣接

            する敷地に建築した一戸建て住宅をいう。

〇中古住宅 最大15万円(住宅購入費用の1/2以内)

  ・基本額 5万円

  ・加算額 ① 中学生以下の扶養する子と同居する場合 一人当たり2万5千円(最大5万円)

       (世帯全員の住民票の写しで、続柄を確認させていただきます。)       

       ② 空き家バンク登録物件を購入した場合 2万5千円

       ③ 三世代同居住宅の場合 2万5千円

※ 上記補助上限額について、補助対象者が40歳未満の転入者の場合は上限額が上記金額の倍額となります。

移住者対象補助金

※この補助金は、上記「住宅取得者補助金」の対象となった移住者に限ります。

〇引越し費用 最高2万5千円

  ・県外からの引っ越しで専門業者に支払った費用の1/2以内で2万5千円を上限とします

詳しくは、小諸市役所 経済部 商工観光課 にお問い合わせください。

 

小諸市の空き家に関する制度

空き家バンク制度

「空き家バンク」とは、市内にある空き家を有効活用するために、利用可能な空き家情報を発信するものです。

「空き家バンク」を利用することで、小諸市内における空き家を有効活用し、市民と都市住民の交流拡大及び定住促進による地域の活性化を図ることを目的としています。

制度の詳細等につきましては、要綱をご確認ください。

空き家バンクのご利用にあたって

※契約には「直接型」と「間接型」がございます。違いをよくご理解いただいたうえでご検討ください。
直接型: 購入(賃貸)希望者と空き家所有者が直接契約交渉等を行う方法
間接型: 契約交渉等の仲介を市と協定を結んだ宅建業者へ依頼する方法

※市では空き家バンクを介して発生した不利益等に関して、一切の責任を負いかねます。

詳しくは、小諸市役所 経済部 商工観光課 にお問い合わせください。

出典:小諸市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ