空き家に関する補助金:信越・長野県・朝日村

朝日村の空き家に関する補助金制度

朝日村空き家バンク利用契約支援助成金

目的

空き 家バンクの利用登録者に対し、不動産業者に支払う仲介手数 料の一部を助成することにより、本村への定住を促進するとともに、賃貸借又は売買を行う際 の契約の安全性の確保並びにトラブルの予防又は解決を図ることを目的とする。

交付対象者

助成金の交付を受けることができるものは、次の各号の すべての要件を満たすものとする。

(1) 空き家バンクに登録している物件を賃借又は購入し、当該土地に住所を定める世帯の代 表者であること

(2) 空き家バンクの運営に関して村が指定した不動産業者 を介し、賃貸借契約及び売買契約を行った者であること。

(3) 助成対象者の属する世帯のすべての構成員が村税その他の村に納付すべき金銭を滞納し ていないこと。ただし、村外からの転入者の場合は、転入前の市区町村において税の滞納 がないこと。

助成金の額

  • 助成金の額は、指定不動産業者に支払った仲介手数料の額とし、一契約につき5万円を 上限とする。
  • 助成金の交付は、1登録者につき1回限りとする。

詳しくは、朝日村役場 総務課  にお問い合わせください。

 

朝日村空き家活用事業補助金

趣旨

村内の空き家の有効活用と人口増加に資するため、空き家 活用事業に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付する。

 

補助対象者

補助の対象者は、朝日村「空き家バンク」に登録した次に該当する者と する。

(1) 村内の空き家を借りて、地域住民と協調(地域組織加入)して定住をする 概ね 65 歳以下のU・Iターン者、又はその者に貸出しする空き家の所有者。

(2) 村内の空き家を定住しようとする者に貸し出しするために、その空き家の 家財を業者に委託して整理する空き家の所有者。

補助対象経費及び補助金額

 

事業区分 補助対象経費 補助金額
空き家改修補助 補助をするのが適当と認めら れる改修費 (台所、風呂、トイレ等の改修 及び、下水道への接続工事) 限度額 1,000,000 円
下水道事業分担金の 2 分の1 175,000 円
空き家活用推進補助 貸出する空き家の家財の整理 を業者委託に要する費用 限度額 200,000
  •  空き家の改修補助は、同一物件に対し1回限りとする。
  •  補助金の交付回数は、同一申請者(同居人を含む。)に対して 1 回限りとす る。
  •  村内施行業者による工事であること。(村外業者への一括下請負は対象外と する。)

詳しくは、朝日村役場 総務課  にお問い合わせください。

 

朝日村の空き家に関する制度

空き家バンク(空き家を借りたい方)

村では少子高齢社会を迎え、人口増対策と防犯上の不安から、村内に点在する空き家を活用し、都市住民の転入を促進し、地域の活性化を図るため、空き家・土地情報の提供をする「空き家情報登録制度」(空き家バンク)を行なっております。詳しくは、朝日村役場 総務課 にお問い合わせください。

 

出典:朝日村ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ