空き家に関する補助金:九州・鹿児島県・錦江町

錦江町の空き家に関する補助金制度

錦江町空き家解体撤去事業補助金

目的

町内の今後利用する予定のない空き家の解体及び撤去に係る経費の一部を予算の範囲内において補助することにより、町内の景観及び住環境の向上並びに町民の安心安全の確保を図ることを目的とする。

用語の定義

(1) 空き家とは、住居として建築され、かつ建築後10年以上経過した建築物で、現に1年以上居住しておらず所有者等が現に居住その他の用に供しない建物(住宅(住宅等に附属する倉庫及び自動車用車庫等を含む。)、併用住宅等をいう。)で、周囲に危険や悪影響がある、又はその恐れがある空き家等をいう。ただし、抵当権等の権利が設定された空き家及び立地する土地に地上権等が設定されている空き家等は除く。
(2) 解体撤去業者 町内に本店、営業所、事務所その他これに類似する施設を有し、建築物の解体及び撤去を行う資格を有する者をいう。

補助対象者

補助対象者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。
(1) 町内に所在する空き家の所有者若しくはその相続人又は所有者から当該空き家の解体及び撤去について委任を受けた者であること。
(2) 解体撤去業者は、錦江町建設業者等級別表(建築一式工事)に登録されている業者を利用すること。
(3) 町税等(町民税、軽自動車税、固定資産税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育所運営費費用徴収金、幼稚園保育料、学校給食費、住宅使用料、農業集落排水使用料、町畜産振興資金貸付金及び町奨学資金貸付金をいう。)を未納していない者であること。
錦江町暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団または第2条第2号に規定する暴力団員が世帯員にいる者

補助対象工事

補助の対象となる解体撤去工事は、補助対象工事に要する経費が30万円以上であるものとする。
公共事業による移転、建替えその他の補償の対象となっている建物は、補助の対象としない。

補助金の額

補助金の額は、補助対象工事に要する経費(第4条に規定する補助対象工事に要する経費をいう。)の100分の30に相当する額とする。ただし、当該経費の100分の30に相当する額が30万円を超えるときは、30万円を限度とする。
前項の規定による補助金の額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額を補助金の額とする。

補助回数

補助の回数は、同一敷地内1回限りとする。
詳しくは、錦江町役場 政策企画課 にお問い合わせください。

空き家リフォーム補助

補助の要件

  1.  錦江町空き家情報バンクに登録されている物 件であること
  2. 工事経費が20万円以上の工事であること、ただし家財道具撤去及び処理だけを行う場合は5万円以上であること
  3.  施工業者が町内業者であること
  4. 入居(予定)者が錦江町内に住民登録されていること
  5. 申請者に町税等の未納がないこと

補助金の額

  • 空き家リフォーム:対象工事費の20%(千円未満切り捨て)最高30万円を補助
  • 家財道具撤去及び処理:費用の20%(千円未満切り捨て) 最高10万円を補助

詳しくは、錦江町役場 政策企画課 にお問い合わせください。

錦江町の空き家に関する制度

空き家バンク

空き家バンクとは

 町内の空き家の有効活用を通して、定住促進及び地域の活性化を図ることを目的に、空き家を所有する方と利用したい方のマッチングを行う制度で,町のホームページなどで利用希望者に情報提供するものです。

空き家バンク登録のお願い

 錦江町内に空き家をお持ちの方で、賃貸・売買物件として「空き家バンク」に登録して下さる方を募集しています。

 

 【ご利用上の注意

 錦江町では、情報の紹介や必要な連絡調整は行いますが、「所有者等」と「利用希望者」間で行う物件の賃貸・売買に関する交渉、契約等については関与しませんので,当事者間で行ってください。

 掲載されている情報につきましては、必要に応じて更新しておりますが、必ずしも現況を反映していない場合もありますので,ご了承ください。

詳しくは、錦江町役場 政策企画課 にお問い合わせください。

 

出典:錦江町ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ