空き家に関する補助金:関東・神奈川県・清川村

清川村の空き家に関する補助金制度

現在、清川村の空き家に関する補助金制度は、確認されていません。

清川村の空き家に関する制度

空家等情報提供事業

近年、清川村への転居等を考えている方から、空家等に関する問合せが増えてきていますが、役場では、これらの情報を把握していないため、問合せに対応できない状況にあります。

一方、空家等を長期間放っておくと、廃屋や荒廃地になってしまい、維持管理費も増大してきますし、防災・防犯面でも問題が生じてきます。


そのため、空家等の処分・活用を考えている方から情報収集を行い、村のホームページを利用して、村への転居等を希望する方々に情報を提供することにより、村内にある空家等を有効活用するとともに、地域の活性化と定住の促進を図ることを目的としています。

詳しくは、清川村役場 まちづくり課 にお問い合わせください。

 

空き家住宅借上制度

この制度は、一定に基準を満たす昭和56年以降に建築されたもの又は耐震改修工事をしている空き家となった住宅を村が3年間借り上げ、転貸する制度です。

この制度により、空き家住宅の有効利用を図るとともに、村内の地域活性化や定住促進を図ります。

《制度の概要》

【空き家の条件】

○昭和56年以降に建築されたもの又は耐震改修工事が実施されているものであり、上下水道、電 気等が容易に使用できるものとします。

〇賃貸を目的として建築されたものでないこととします。

〇所有権以外の権利が設定されていないこととします。

※土地所有者の同意がある場合を除きます。

〇借上げに際し、村職員が申請物件の調査を行います。

【賃貸借契約の期間について】

○借上げる期間を3年間とし、賃貸借契約を更新することができます。

※村は、賃借権の登記を設定する場合があります。

【入居者・建物の管理】

○入居者の募集は、村営住宅条例の規定に基づき、村が実施します。

○建物の管理については、通常の村営住宅と同じ管理を村が行います。

○期間満了後の管理は、所有者へ帰属(返還)します。

【借上料・家賃等】

○借上料については、物件の規模により月額 1棟 5万円~7万円(年間:60万円~84万円) とします。

○空き家住宅に係る租税公課(固定資産税など)は所有者の負担とします。

○家賃は、物件の規模により月額3万円~5万円とします。

詳しくは、清川村役場 まちづくり課 にお問い合わせください。

 

 

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ