空き家に関する補助金:中国・鳥取県・鳥取市

鳥取市街なか空き家改修支援事業

鳥取市の中心市街地では、老朽化等に伴い住宅が解体撤去され、駐車場となったり、所有者の不在等により、日常的に使用されずにそのままとなった低未利用の物件が増加しています。そのため、これら低未利用の物件を有効活用したい人に対し、空き家の改修支援を行っています。

対象者

空き家の購入者、賃貸人、または所有者等の承諾を得た賃借人で自ら改修する人。

〇購入者 空き家を自ら居住目的に購入する人で売買契約の日から3月以内の人。

〇賃貸人 空き家を新たな居住者に賃貸する人。

(居住者は該当年度の3月25日までに決定してください。)

〇賃借人 空き家を自ら居住目的に賃借する方で賃貸契約の日から3月以内の人

補助対象経費

住宅の機能向上のために行う改修工事

(総額50万円以上の工事であること)

補助内容

補助対象経費×1/5かつ戸あたり50万円を限度とします。

(予算の範囲内)

詳しくは、鳥取市のホームページを参照してください。

 

リフォーム イメージ

リフォーム イメージ

鳥取市空き家等除却事業

鳥取市では、、「鳥取市空き家等の適正管理に関する条例」に規定する指導を受けた管理不全な状態の空き家等のうち、本市より不良な建物と判定された建物であるとともに、防災上周囲に対して危険性が高いと判断された空き家等の除却を行う場合において、工事費の一部を助成しています。

【補助対象空き家】

「鳥取市空き家等の適正管理に関する条例」第10条に規定する指導を受けた管理不全な状

態の空き家等のうち、次の要件すべてに該当するものが対象となります。

(1)鳥取市内に存する建築物であって、現に使用されていないものであること。

(2)木造又は軽量鉄骨造の建築物であること。

(3)建築物の延床面積の2分の1以上が居住の用に供されていたものであること。

(4)除却工事が、建築物の全部を除却するものであること。

(5)平成28年3月上旬までに除却工事が完了するものであること。

(6)基準により不良な建物と判定された建築物※1であること。

(7)防災上周囲に対して危険性が高いと判断された建物※2であること。

【補助金額】

補助対象経費の3分の1(上限30万円)

補助対象経費:建築物の除却及び除却に係る廃材等の運搬及び処分に要する費用

詳しくは、鳥取市のホームページを参照してください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ