空き家に関する補助金:九州・宮崎県・小林市

小林市の空き家に関する補助金制度

空き家バンク活動事業補助金

移住者と間で賃貸借契約が締結され、移住者が5年以上定住する見込みがある場合、空き家の所有者が行う家屋の改修等に対してその経費を補助します。

補助対象者

 次のいずれにも該当する方

  1. 小林市空き家バンクに賃貸を目的として家屋を登録していること
  2. 申請者が、市税を滞納していないこと

補助対象住宅

 補助対象者と移住者(空き家バンク利用登録台帳に登録されている方で、当該空き家物件を利用される方)との間で賃貸借契約が締結され、移住者が5年以上定住する見込みのある物件

補助対象事業

  1. 台所、風呂、トイレ等の修繕
  2. 内装、屋根、外壁等の改修
  3. 家財道具等の運搬及び廃棄
  4. 屋内の清掃

補助金の額

 補助対象事業に要する費用(この額が50万円を超えるときは、50万円を限度)

詳しくは、小林市役所 総合政策部 地方創生課 移住・地域おこし協力隊担当 にお問い合わせください。

 

空き家バンク登録謝礼金制度

市では、都市圏からの移住・定住を促進するために、空き家バンクに登録(5年以上)した人、情報提供した人へ謝礼金をお支払いいたします。

 謝礼金

所有者と情報提供者が異なる場合
  • 情報提供者    5千円
  • 空き家所有者 5千円
所有者と情報提供者が同じ場合
  • 1万円
提供情報

 以下の3つの情報を提供ください。

 (1)空き家所在地
(2)空き家所有者氏名
(3)空き家所有者連絡先
※移住者向けの住宅であり、情報提供にあたっては所有者の了承を得ている必要があります。
※提供いただいた情報をもとに空き家バンク登録(5年以上)が成立した場合、謝金をお支払いいたします。

詳しくは、小林市役所 総合政策部 地方創生課 移住・地域おこし協力隊担当 にお問い合わせください。

 

小林市中心市街地空き家活用促進事業費補助金《小林市中心市街地活性化基本計画事業》

小林市では、中心市街地の空き家の活用、にぎわいづくり、居住人口の拡充を目的として、中心市街地エリアで1年以上空き家となっている物件を購入した方に対し、購入費用の一部助成を実施しております。

概要

対象者

次の(1)~(3)の条件をすべて満たす方(世帯)が対象となります。

(1)  小林市中心市街地エリア(エリア図:PDF)の区域外に1年以上お住まいの世帯

(2)  小林市中心市街地エリア内の1年以上空き家となっている住宅を購入される世帯

(3)  購入した住宅に継続して5年以上住まわれる世帯

 

補助額

(1)購入費 土地代を差し引いた住宅購入費用の3分の2以内。上限:100万円

(2)上乗せ分 下のいずれかの条件を満たす方。       一律:20万円 

               (※両方の条件を満たす方でも20万円の補助となります。)

「子育て世帯」 :申請日において、中学生以下の子ども又は妊娠している者がいる世帯

「転 入 者」 :本市以外に居住していた世帯 (転入の日の前日において引き続き1年以上の期間)

詳しくは、小林市役所 経済部 商工観光課 にお問い合わせください。

 

小林市の空き家に関する制度

空き家バンク制度とは

市内にある空き家・空き地の有効利用を通して、UJIターンによる定住等を希望される方へ空き家・宅地の情報提供をしていくため、「空き家バンク制度」を実施しています。
小林市に住んでみようとお考えの方、また、空き家・空き地をお持ちの方で有効活用したいと希望される方は、ぜひ「空き家バンク制度」をご利用ください。

なぜ空き家の有効活用が必要なの?

 現在、空き家の増加が全国的に社会問題となっています。空き家になる理由は、「別の住宅に住み替えた後、当面は売却や賃貸をするつもりがないまま放置している」、「親から相続したまま」などさまざまです。宮崎県の空き家率は、13.9%と全国平均(13.5%)を上回る空き家率となっています。
建物が管理されない状態で長期間放置されてしまうと、建物が老朽化し、倒壊の危険性や治安の悪化、放火の誘発などの問題を引き起こしてしまいます。
一方で、都市圏から地方への移住希望者は増加しています。移住者が地方で暮らすためには住まいが必要です。
そういった背景もあり、「空き家」を「移住者」に賃貸・売却することで、建物が有効活用され、地域も活性化する「空き家バンク制度」の必要性が高まっています。

詳しくは、小林市役所 総合政策部 地方創生課 移住・地域おこし協力隊担当 にお問い合わせください。

 

出典:小林市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ