空き家に関する補助金:関東・埼玉県・本庄市

本庄市の空き家に関する補助金制度

危険空き家除却補助事業

市では、市民の安全と安心を確保するため、空き家等のうち特に危険な建築物を除却する所有者等に、補助対象工事に要する費用(危険空き家の登記事項証明書又は固定資産家屋証明書に記載された床面積1平方メートルにつき1万円を限度とする。)に2分の1を乗じて得た額で1敷地につき50万円を上限とし、予算の範囲内で補助金を交付します。

補助金の交付については本庄市危険空き家除却補助金交付要綱で定めた要件をすべて満たすことが必要です。
補助金を受けるためには、除却工事着手前に補助金の交付申請等の手続きを行う必要がありますので、まずは本庄市危険空き家除却補助金交付要綱をご確認いただき、除却工事を行う前に都市計画課までご相談ください。

詳しくは、本庄市役所 都市整備部 都市計画課 計画係 にお問い合わせください。

 

ポケットパーク整備事業

 市では、既成市街地で建物の除却を誘導するための施策である『ポケットパーク整備事業』を行っています。空き家条例の趣旨に基づく管理不全の空き家等が除却されて生じた土地を、必要に応じ市が原則5年間の使用貸借契約を結び、簡易な植栽やベンチ等を設置したポケットパークとして整備します。

詳しくは、本庄市役所 都市整備部 都市計画課 計画係 にお問い合わせください。

 

本庄市の空き家に関する制度

埼玉県北部地域空き家バンク制度

埼玉県北部地域で空き家バンクを設立しました

 空き家を有効活用し、移住・定住の促進と地域活性化を図るため、埼玉県北部地域の3市4町(熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町)が連携して、平成29年1月30日に空き家バンクを設立しました。

埼玉県北部地域空き家バンクの概要

 埼玉県北部地域空き家バンクとは、空き家の売却や賃貸を希望する方から提供いただいた利活用可能な物件の情報を、ホームページなどを通じて、移住・定住を希望する人などに紹介するしくみです。

空き家バンクイメージ図

詳しくは、本庄市役所 企画財政部 企画課 政策係 にお問い合わせください。

 

出典:本庄市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ