空き家に関する補助金:関東・神奈川県・海老名市

海老名市の空き家に関する補助金制度

空き家活用促進リフォーム助成金

海老名市では、市内の空き家の利活用を促進するとともに、防災・防犯・衛生・景観などの住環境の向上および定住促進を図ることを目的とした空き家活用促進リフォーム助成事業を行っています。

助成金額

10万円以上(税抜き)の工事に対し2分の1助成(千円未満切捨て) 上限50万円

助成対象者

次のすべてに該当する方

  1. 海老名市内にある空き家の所有者・空き家購入者または空き家賃借人であり、リフォーム契約者である方(個人のみ、法人は対象外)
  2. 市税等を滞納していない方
  3. 過去にこの助成金の交付を受けていない方

対象住宅

次のいずれかに該当する住宅であり、条件(1)~(3)すべてに該当する住宅

  1. 海老名市内にある戸建住宅(共同住宅の空き住戸(部屋)は対象外)
  2. 海老名市内にある店舗などとの併用住宅の住宅部分

条件(1)申請時において6カ月以上居住がなく、空き家となっている住宅(空き家購入者及び空き家賃借人が申請する場合は、居住のない期間が6カ月未満でも可。居住実態のない新築住宅は対象外。併用住宅の場合は店舗等の部分も利用されていないこと)

条件(2)住宅及びその敷地に係る固定資産税に滞納がないこと

条件(3)現行の耐震基準を満たしている住宅(昭和56年5月31日以前に着工された住宅は、リフォームが完了するまでに現行の耐震基準を満たすこと)

※過去に「住宅リフォーム助成金」、「三世代同居支援リフォーム助成金」又は海老名商工会議所が実施する「魅力ある住宅づくり支援リフォーム助成金」の交付を受け、工事を行った住宅は対象外

活用条件

リフォーム完了後、当該空き家を次のいずれかの方法で活用すること

  1. 居住用として賃貸・売却する(不動産業者と媒介契約を締結するなど)
  2. 申請者本人やその親族が居住する

※過去に「住宅リフォーム助成金」、「三世代同居支援リフォーム助成金」又は海老名商工会議所が実施する「魅力ある住宅づくり支援リフォーム助成金」の交付を受けた方(同居者を含む)が居住することは除きます。

リフォーム工事条件

次のすべてに該当する工事

  1. これから着工予定の工事に限ります。(着手中・終了した工事は対象になりません。)
  2. 海老名市内に本社または本店があり、市に住宅リフォーム取扱事業者の届け出をしている施工業者を利用すること(業者一覧表については、下記関連情報の「住宅リフォーム助成事業施工取扱事業者届出のお知らせ」をご覧ください。)
  3. 工事費が10万円以上(税抜き)になること
  4. 工事完了後、令和2年3月31日(火曜日)までに市に実績報告を行うこと
  5. 一部でも他の助成制度の対象となっていない工事

助成の対象となるリフォーム工事一覧は下記添付ファイル欄から確認できます。
※住宅部分のみが対象となります。(外構工事や別棟の車庫や倉庫、併用住宅の店舗部分等は対象外です。)
※部分的な補修工事や、家電の購入およびそれに付随する工事は対象となりません。

詳しくは、海老名市役所 まちづくり部 住宅公園課 にお問い合わせください。

 

海老名市の空き家に関する制度

現在、海老名市の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:海老名市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ