空き家に関する補助金:北海道・大空町

大空町の空き家に関する補助金制度

大空町住み替え促進助成金

目的

 大空町空き家等情報登録制度により、町内の一戸建て住宅に住み替えした方、空き店舗及び空き事業所で

事業を始めようとする方に対し、助成金を交付することにより、空き家及び空き事業所等の有効利用と定住

人口の増加による町の活性化を図ることを目的としています。

助成措置の対象及び助成金の交付

助成措置の対象及び助成金の交付について

助成対象

助成金交付額及び期間

町内の一戸建て住宅を借り受け、住み替えした場合

1か月あたり5,000円を1年間を限度に助成

町内の一戸建て住宅を買い取り、住み替えした場合

売買価格の2分の1以内(限度額20万円)を助成

町内の空き事業所等を買い取り、事業を始めようとする場合

売買価格の2分の1以内(限度額20万円)を助成

町内の空き事業所等を借り受け、事業を始めようとする場合

1か月あたり5,000円を1年間を限度に助成

助成対象

助成金交付額

空き家等情報台帳に登録された方で、その物件の売買が成立した場合 5万円(うち2万円は大空町商工振興会発行の商品券)

詳しくは、大空町役場 総務課 企画グループ にお問い合わせください。

 

大空町住み替え移転費用助成金

目的

 大空町空き家等情報登録制度により、高齢者世帯に属する方が住み替えした場合に移転費用の一部を助成することにより、住環境の改善及び空き家の有効活用と住民の福祉向上を図ることを目的としています。

助成措置の対象及び助成金の交付

 

助成措置の対象及び助成金の交付について

助成対象

助成金交付額及び期間

町内市街地区外の持ち家を売却し、町内の公営住宅、民間アパートに住み替えした場合

移転費用として7万円を助成

町内市街地区外の持ち家を賃貸し、町内の民間アパートに住み替えした場合

町内市街地区に住宅を建設または購入した場合

詳しくは、大空町役場 総務課 企画グループ にお問い合わせください。

 

廃屋等解体費用の補助金

今年度も安全で景観に配慮したまちづくりを目指して、廃屋等解体撤去処理費用の一部を、予算の範囲内で補助します
。申請には、工事見積書、写真、印鑑、固定資産課税台帳の写しなどが必要となります。

対象廃屋等

●特に危険な状態にあるもの⇒危険廃屋等

●将来的に危険性が見込まれるもの⇒その他の廃屋等

※廃屋等=住宅及び付属する倉庫や車庫で、木造もしくは軽量鉄骨造のもの

対象となる工事内容

●解体撤去業者(廃屋等の解体撤去を行う資格を有する者)が行う廃屋等解体撤去工事

補助金額

廃屋等の種類 補助金の額  町外業者の制限
危険廃屋等 補助対象工事費用の1/2 上限50万円 町外事業者施工の場合は、算出補助金額の8/10
その他の廃屋等 補助対象工事費用の1/3 上限30万円

補助対象要件

(1)対象者

①廃屋等の所有もしくは所有者の相続関係者

②町税等、町に対する債務の不履行がない方

③暴力団員でないこと

(2)所有権以外の権利が未設定であること

(3)国、地方公共団体等が所有権を有していないこと

(4)建築リサイクル法に基づく適正な分別解体、再資源化等を実施すること

留意点

(1)建物を故意に破損させた場合や建て替え目的の場合は、補助対象外です。

(2)危険廃屋等かその他の廃屋等かの判定及び優先順位は、内容審査のうえ決定します。

(3)予算の範囲を超えた場合は、危険度の高い廃屋等の解体を優先して補助します。

詳しくは、大空町役場 住民課 住民グループ にお問い合わせください。

 

大空町の空き家に関する制度

空き家情報

大空町では、町内における空き家等の有効利用をとおして、地域の活性化・住み替えによる住環境の改善を図るため、「大空町空き家等情報登録制度」を制定し、町のホームページに「空き家・空き地・空き店舗・空き事業所」の情報を掲載することになりました。

町内に一戸建ての家や宅地として利用できる土地、空き店舗、空き事業所をお持ちの方で、賃貸・売買を希望される方は、大空町空き家等情報登録制度への登録をお願いします。
また、大空町内に空き家等をお探しの方、移住希望の方は、この制度における利用希望者に登録することにより、有用な情報を提供させていただきます。

イメージ図

詳しくは、大空町役場 総務課 企画グループ にお問い合わせください。

 

出典:大空町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ