空き家に関する補助金:東海・愛知県・犬山市

犬山市の空き家に関する補助金制度

犬山市空き家利活用改修費補助金

犬山市空き家バンクの利用促進及び空き家の流通促進を図るために、半年以上空き家バンクに登録されている物件のリフォーム工事費の一部を補助します。

補助概要

項目

要件

申請者の条件

空き家を3年(公共的利用の場合は10年)以上利活用すること

所有者と利用者が3親等以内の親族でないこと

市税を滞納していないこと

建物の条件

空き家バンクに6か月以上継続して登録されていること

地震に対して安全性が確保されていること

賃貸・売買契約がされていること

建築基準法その他の法令に基づき適正に建築された住宅であること

以前にこの補助金又は奨励金を受けていない空き家であること

工事の条件

市内に事務所を有する法人又は個人の施工業者による工事であること

補助金額

工事費の2分の1 上限40万円(公共的利用の場合は上限80万円)

詳しくは、犬山市役所 都市整備部 都市計画課 建築景観担当 にお問い合わせください。

 

犬山市空き家利活用奨励金

犬山市空き家バンクの利用促進及び空き家の流通促進を図るために、半年以上空き家バンクに登録されている物件を利活用する場合に交付します。

交付概要

項目

要件

申請者の条件

空き家を3年以上利活用すること

所有者と利用者が3親等以内の親族でないこと

以前に奨励金を受けた者(世帯の構成員)でないこと

建物の条件

空き家バンクに6か月以上継続して登録されていること

地震に対して安全性が確保されていること

賃貸・売買契約がされていること

建築基準法その他の法令に基づき適正に建築された住宅であること

以前にこの補助金又は奨励金を受けていない空き家であること

交付金額

3万円

詳しくは、犬山市役所 都市整備部 都市計画課 建築景観担当 にお問い合わせください。

 

犬山市ふるさと定住促進サポート事業補助金

本市の定住人口の増加を図るとともに、バランスのとれた人口構成の実現、空き家発生の抑制、地元建設業の発展および地域社会の活性化を目的に、市内に親と同居若しくは近くでUターン定住する子世帯に対してリフォーム・購入・新築等の費用の一部を補助します。

補助概要

項目 同居支援タイプ(リフォーム) 同居支援タイプ(購入・新築等) 近居支援タイプ
対象者の条件 親世帯:市内に1年以上継続して住んでいること
子世帯:市外に1年以上継続して住んでいること
なお子世帯は夫婦のどちらかが40歳以下
親世帯:市内に1年以上継続して住んでいること
子世帯:市外に1年以上継続して住んでいること
なお子世帯は夫婦のどちらかが40歳以下
親世帯:市内に1年以上継続して住んでいること
子世帯:市外に1年以上継続して住んでいること
なお子世帯は夫婦のどちらかが40歳以下
同居・近居の条件 親世帯と子世帯が同一敷地(隣接地を含む。マンションなどの場合は同一棟に限る。)内に居住 親世帯と子世帯が同一敷地(隣接地を含む。マンションなどの場合は同一棟に限る。)内に居住 市内に居住
補助対象経費 リフォーム工事費
(市内事業者の施工に限る。)
住宅の購入費
または
住宅の新築・改築・増築の工事費
住宅の購入費
または
住宅の新築工事費
申請時期 工事の契約前かつ住所異動前 建物の登記前かつ住所異動前
(申請は売買などの契約前でも可能。ただし、平成27年7月1日以降の契約に限る。)
建物の登記前かつ住所異動前
(申請は売買などの契約前でも可能。ただし、平成27年7月1日以降の契約に限る。)
補助金額 2分の1 上限60万円 2分の1 上限60万円 上限20万円
補助件数(平成29年度) 15件 15件

詳しくは、犬山市役所 都市整備部 都市計画課 建築景観担当 にお問い合わせください。

 

犬山市働きて定住促進サポート事業補助金

本市の定住人口の増加を図るとともに、バランスのとれた人口構成の実現、空き家発生の抑制などを目的に、市内の事業所で勤務している方々に対して市内で住むための住宅購入・新築等の費用の一部を補助します。

 

補助概要

対象者の条件 市内の事業所で1年以上勤務し、市外に1年以上継続して住んでいること。

       なお、申請者又はその配偶者のいずれかが40歳以下

補助対象経費 住宅の購入費又は住宅の新築工事費

申請時期   建物の登記前かつ住所異動前

       (申請は売買の契約前でも可能。ただし平成28年7月1日以降の契約に限る)

補助金額   上限20万円

補助件数   5件(平成29年度)

詳しくは、犬山市役所 都市整備部 都市計画課 建築景観担当 にお問い合わせください。

犬山市の空き家に関する制度

空き家バンク

 『空き家』はまちの資源です。管理をしながら活用を図りましょう。

この空き家バンクは、相続などで住まない住宅を所有した方々と犬山で住むために住宅を探している方々を結ぶ場所として活用してください。

ただし、取引に際して市は一切関与できませんので、契約などをする場合は、不動産事業者など資格のある方にご相談ください。

詳しくは、犬山市役所 都市整備部 都市計画課 建築景観担当 にお問い合わせください。

 

出典:犬山市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ