空き家に関する補助金:九州・宮崎県・都城市

都城市の空き家に関する補助金制度

移住者向けの空き家リフォーム等補助金

都城市では、移住者の定住化を支援するために、移住者が空き家を購入して居住する際に行うリフォーム費用および不要物の撤去費用の一部を助成する「移住・定住促進事業費(空き家リフォーム等)補助金」を創設しています。

補助対象者

次の全ての要件を満たす人が対象です。

  • 定住の意思をもって都城市に移住し、または移住した人で、自己の居住の用に供するため、空き家を購入する人
  • 市外に居住している者または都城市に転入してから2年を経過しない人
  • 都城市に転入する前に2年以上継続して市外に居住していた人
  • この補助金の交付を受けたことがない人

対象となる空き家

都城市空き家等情報バンク制度の登録物件であって、この補助金による改修を行っていない空き家

補助対象経費

空き家の改修工事
  • 建物の補修、修繕
  • 間取りの変更
  • 天井、壁、床(畳を含む)の張替え
  • 屋根、外壁の塗替え
  • トイレ、バス、キッチンなどで使用する住宅設備の改善
  • 単独浄化槽、(管渠工事のみを除く)、汲み取り式便所からの公共下水道または合併処理浄化槽への切替工事(市で別に行う合併処理浄化槽の補助対象となる場合を除く)
不要物の撤去

空き家を利用するにあたって、支障となる当該空き家に存在する不要な家財など

補助額

空き家の改修工事

補助対象の改修工事に要する経費の2分の1以内の額。ただし、限度額は50万円とする。 

不要物の撤去

補助対象の撤去費用の2分の1以内の額。ただし、限度額は10万円とする。

詳しくは、都城市役所 総合政策部 総合政策課 にお問い合わせください。

 

都城市の空き家に関する制度

都城市空き家等情報バンク制度

都城市では、移住・定住希望者への住まい情報の提供支援として、「都城市空き家等情報バンク制度」を創設しています。

土地・建物を貸したい・売りたいと考えている人や、移住を考えていて物件情報を知りたい人は、「都城市空き家等情報バンク制度」を活用ください。

空き家等情報バンク」の仕組み

空き家等情報バンクは、空き家・空き地を所有していて、移住・定住希望者向けに物件を貸したい・売りたいと考えている人が物件情報を登録することで、市ホームページに掲載されます。

都城市内への移住・定住希望者で、空き家等情報バンクに掲載されている物件情報を知りたいと場合は、総合政策課へ問い合わせください。

なお、物件の売買および賃借の仲介にあたっては、不動産業者への報酬が発生します。

空き家と一緒に付属する農地の取得も可能となりました

都城市農業委員会の決定により、空き家等情報バンクに登録された空き家に付属する農地に限って、登録された空き家と共に取得する場合に限り、農地取得に関する下限面積が1アール(100平方メートル)に緩和されました。

空き家、または空き家に付属する農地を両方持つ人で、売買を考えている人は、問い合わせください。なお、空き家に付属する農地の売買時には、次の条件が必要です。

  • 売主は、農地を耕作可能な状態としておくこと
  • 買主は、農地法第3条に基づく申請書などを農業委員会へ提出すること

詳しくは、都城市役所 総合政策部 総合政策課 にお問い合わせください。

 

 

出典:都城市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ