空き家に関する補助金:九州・大分県・宇佐市

宇佐市の空き家に関する補助金制度

宇佐市空き家改修補助金

空き家を借りて(買って)住もうと考えているが、お風呂やドアが不便そうだ。
宇佐市に移住してアパートに住んでいるが、空き家へ移り住みたい。
実際に住んでみたが台所やトイレの使い勝手が悪いからちょっとリフォームがしたい。
空き家を貸すことになったが、ちゃんとした状態にしてから貸したい。
地域を活性化させるために、空き家を借りてリフォームし、移住者を呼び込みたい。

そんなときは「宇佐市空き家改修補助金」を利用してみてはいかがでしょうか?
宇佐市への移住(UIターン)を目的に、空き家を改修される場合に、改修に要した経費の一部を助成いたします。

対象物件

宇佐市空き家バンク登録物件であること。

対象者(申請者)

1.UIターン者本人
2.UIターン者が入居することが決まっている(入居している)空き家の所有者。または、この空き家を借り受けた地域コミュニティ組織およびNPO法人

※ただし、上記のUIターン者とは次の項目をいずれも満たす方とします。
1. 20歳以上の方
2. 申請時に市内に住所を有していない方。または、市内に住所を有して1年経過していない方。
3. 申請時に市外に5年以上居住していた方(市内に住所を有して1年経過していない方については、市内に住所を有する日前に市外に5年以上居住していた方)

対象工事

1.施工業者は、市内に事務所または事業所を有する法人または個人であること
2.住宅の機能向上のために行う修繕、模様替えおよび設備改善に限ります(店舗や倉庫などは対象となりません)。

対象経費

空き家の改修に要する経費で、その額が30万円以上であること。

補助金の額

対象経費の3分の2以内(補助金の上限額100万円)

県外UIターン者移住支援事業の空き家購入支援と併用する場合は、合わせて100万円まで

注意点

以下の場合は、補助金を返還してもらう場合があります。
(1)この事業により改修を行った空き家を10年未満で取り壊し、または売却したとき。
(2)10年未満で転出または転居したとき(引き続きUIターン者用の住宅として空き家登録を継続する場合は除く)。
(3)申請日の属する年度と同一の年度内に宇佐市に転入しないとき。

詳しくは、宇佐市役所 観光まちづくり課 コミュニティ係 にお問い合わせください。

 

宇佐市空き家家財道具処分等支援事業補助金

「空き家バンク」に登録されている物件で、賃貸契約が締結された方を対象に、家財道具の処分等にかかる経費を最大15万円まで補助します。

補助対象者

(1)空き家の貸借契約を締結した空き家の所有者又は管理者等
(2)上記の者と空き家の貸借契約を締結した者

対象経費

(1) ごみ処理手数料
(2) ごみの収集・運搬料金
(3) 特定家庭用機器リサイクル料金
(4) 廃棄物処分業者等に委託して家財を処分する場合における委託費
(5) 家屋内外の清掃費

補助金の額

対象経費の10分の10以内(補助金の上限額15万円、1000円未満切り捨て)

注意点

(1)補助金は同一の空き家に対して、一回限り交付します。
(2)申請を行った年度内(4月はじまり3月末〆)に事業を終了する必要があります。

詳しくは、宇佐市役所 観光まちづくり課 コミュニティ係 にお問い合わせください。

 

宇佐市空き家活用型起業支援事業補助金

起業するための空き家や空き店舗の増改築工事、起業するための設備や備品の購入に補助金を交付します!地域に根付いていく起業をお待ちしています!

対象物件

(1)周辺地域にある宇佐市空き家バンク登録物件【宇佐市空き家バンク制度
(2)周辺地域にある空き店舗

【周辺地域とは?】
・安心院と院内の全区域。
・宇佐区域の麻生、西馬城、和間、長峰、横山、天津、北馬城、高家、八幡、糸口、封戸地域。

対象者(申請者)

次の項目をすべて満たす方
(1)宇佐市に根付く起業を目指す方
(2)対象物件を購入または借り受けたUIターン者(※)
(3)対象物件の所有者及び3親等以内の親族でない方
(4)補助金の交付を受けてから5年以上宇佐市に定住して事業を継続しようとする方。

(※)【UIターン者とは?】
・空き家バンクの利用登録をしている宇佐市外の方
・過去に空き家バンクの利用登録をしており、宇佐市に移住して5年を経過していない方

対象事業

(1)起業するために行う対象物件の増改築工事
(2)事業に付帯する設備、備品等の整備

補助金の額

対象経費の2分の1以内(補助金の上限額50万円)
ただし、県外者または県外から移住し1年を経過していない場合の上限額は100万円

注意点

(1)補助金は同一の世帯に対して1回に限り交付します。
(2)申請を行った年度内(4月はじまり3月〆)に事業を終了する必要があります。
(3)事業を実施する前に申請する必要があります。

詳しくは、宇佐市役所 観光まちづくり課 コミュニティ係 にお問い合わせください。

 

宇佐市空き家バンク成約促進事業補助金

空き家の所有者と入居する方が安心して賃貸借契約できるように、仲介を行っていただいた宅地建物取引業者さんに補助金を交付しています。

対象事業

空き家の賃貸借において、受領した仲介手数料が50,000円に満たない場合にその差額を助成するもの。 

申請者(対象者)

市内に事務所を有する宅地建物取引業者。

対象物件

宇佐市空き家バンクに登録している賃貸物件。

入居者

市外在住者または市内に住所を移して1年を経過していない方で、空き家バンクの利用希望者登録をしている方。

※申請を行った年度内(4月はじまり3月末〆)に、住民票を空き家住所に異動する必要があります。

補助金の額

50,000円-仲介手数料(税抜き)=補助金額(1000円未満切り捨て)

詳しくは、宇佐市役所 観光まちづくり課 コミュニティ係 にお問い合わせください。

 

老朽危険家屋を除却する費用の一部を補助します

市では、安全・安心な住環境づくりを促進するため、老朽化し危険な空家住宅を除却する場合に、その除却費の一部を補助します。

対象建築物

・宇佐市内にあること
・空き家(使用している者がいない)であること
・木造または軽量鉄骨造であること
・過半が住宅として使用されていたこと
・道路若しくは隣接建築物に倒壊の恐れがある建築物または街並みの景観を著しく害している建築物
・所有権以外の権利が設定されていないもの

対象者

・所有者または所有者の相続関係者
・市税の滞納がないもの
※除却後、敷地内に自己所有などの建築物は建築できません。

事前調査

「老朽危険家屋等」に該当するかどうかの事前調査の申込をお願いいたします。
事前調査申込書にご記入の上、必要書類を添付し建築住宅課指導審査室まで申込してください。

対象戸数

3戸(審査の後、対象戸数を超える場合は抽選により決定)

補助金額

除却工事費(消費税額を含む)の2分の1
補助金限度額 50万円

詳しくは、宇佐市役所 建築住宅課 指導審査室 にお問い合わせください。

 

宇佐市の空き家に関する制度

空き家バンク制度

市では、市内にある空き家や空き地の有効活用を通して、地域の活性化や定住の促進を図ることを目的に、空き家や空き地情報を紹介する「空き家情報提供事業」(通称:空き家バンク制度)を行っています。
市内にある空き家などの賃貸や売却などを希望する所有者から申し込みを受け、登録された空き家などの情報を市ホームページなどで公開することにより、空き家などの利用を希望する方に対して紹介を行います。

空き家バンク制度の流れ

空き家バンクイメージ(1)空き家などを賃貸・売却したい方が、空き家バンクに情報を登録申請します。

(2)申請された情報を宇佐市が管理し、ホームページなどで公開します。

(3)空き家などに住みたい方が、公開された情報を閲覧します。
※空き家などの詳細情報請求や空き家内部の案内を受けるためには、利用希望者登録を行う必要があります。

(4)空き家などの案内を受けた利用希望者が、空き家などの所有者と交渉を行うために交渉希望者登録を行います。
また、地域との面談も実施しています。
その後は空き家などの所有者と交渉希望者が、当事者間で交渉・契約を行います。(トラブル防止のため、契約を行う際には宅地建物取引業者に依頼することをお勧めします。)

詳しくは、宇佐市役所 観光まちづくり課 コミュニティ係 にお問い合わせください。

 

出典:宇佐市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ