空き家に関する補助金:九州・大分県・佐伯市

佐伯市の空き家に関する補助金制度

佐伯市老朽危険空き家除却促進事業補助金

市民の安全・安心で良好な居住環境を確保するため、老朽危険空き家の除却に要する費用に対し、予算の範囲内において佐伯市老朽危険空き家除却促進事業補助金を交付しています。

定義

「老朽危険空き家」とは、過半が居住の用に供する建築物であって、居住がなされていないことが常態で、老朽化により倒壊するおそれのあるものをいう。

補助対象空き家

1.補助対象空き家は、次の各号のいずれにも該当する建築物とする。
(1) 本市内に存するもの
(2) 木造であるもの
(3) 長屋又は共同住宅でないもの
(4) 国、地方公共団体又は法人(以下「法人等」という。)が所有するものでないもの
(5) 別表第1の老朽度判定基準に掲げる評定区分ごとに合計した評点(その合計した評点が当該評定区分ごとの最高評点を超えるときは、その最高評点)を合算した評点が 100 以上であるもの
(6) 別表第2の隣地等への危険度判定基準に掲げる評定区分のいずれかに該当するもの
(7) 同一敷地内において、この告示による補助金の交付を受けている建築物がないもの
(8) 公共工事等による移転、建替え等の補償の対象となっていないもの
(9) この告示による補助金に類する補助等を受けていないもの
2 前項の規定にかかわらず、特に市長が必要と認めるものについては、補助対象空き家とすることができる。

補助対象者

1 補助対象者は、次の各号のいずれかに該当する者(以下「所有者等」という。)とする。
(1) 補助対象空き家の所有者として、登記記録に記録されている者又はその相続人。ただし、法人等を除く。
(2) 前号に規定する者から補助対象空き家の除却について同意を得た者。ただし、地方自治法(昭和 22 年法律第 67 号)第 260 条の2第7項に規定する認可地縁団体以外の法人等を除く。
2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、補助対象者としない。
(1) 市税を滞納している者
(2) 佐伯市暴力団排除条例(平成 23 年佐伯市条例第 43 号)第6条第1号に規定する暴力団関係者である者
(3) 補助対象空き家が複数人の共有又は相続財産である場合において、当該共有者全員又は相続人全員から補助対象空き家の除却について同意を得られない者。ただし、補助金の交付の申請をしようとする者が、紛争等が生じた場合の誓約書(様式第1号)を提出できるときは、この限りでない。
(4) 補助対象空き家に所有権以外の権利の設定がある場合において、当該権利者全員から補助対象空き家の除却について同意を得られない者
(5) 補助対象空き家の除却について、法令等の規定による命令を受けている者
(6) 虚偽の申請をした者
(7) その他市長が不適当と認める者

補助対象工事

1 補助対象工事は、次の各号のいずれかに該当する者(本市内に本店、支店、営業所、事業所等を有する法人又は個人
に限る。)と補助対象者とが契約を締結する補助対象空き家の除却工事とする。
(1) 建設業法(昭和 24 年法律第 100 号)別表第1の下欄に掲げる土木工事業、建築工事業又はとび・土工工事業に係る同法第3条第1項の許可を受けた者
(2) 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成 12 年法律第 104 号)第21 条第1項の登録を受けた者
2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する工事は、補助対象工事としない。
(1) 補助金の交付を決定する前に着手した工事
(2) 補助対象空き家の一部を除却する工事
(3) その他市長が不適当と認める工事

補助対象経費

補助対象経費は、補助対象空き家の除却に要する費用(家財道具、機械、車両等及び地下埋設物(浄化槽等の設備を
含む。)の処分に係るものを除く。)に 10 分の8を乗じて得た額とし、住宅地区改良事業等補助金交付要領(昭和 53 年4月4日付け建設省住整発第 14 号)に基づき国土交通大臣が定める当該年度の標準除却費のうちの除却工事費に 10 分の8を乗じて得た額を上限とする。

補助金の額

補助金の額は、補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に 1,000 円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)とし、次の表の左欄に掲げる補助対象空き家の所在地の区分に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げる補助金の限度額を上限とする。

補助対象空き家の所在地 補助金の限度額
離島以外 50 万円
大入島 60 万円
大島 75 万円
屋形島 90 万円
深島 90 万円

詳しくは、佐伯市役所 にお問い合わせください。
 

 

佐伯市住まいるサポート事業

支援内容 対象者 補助対象 補助率 上限額
購入 賃貸
空き家

バンク

空き家

バンク以外

空き家

バンク

空き家

バンク以外

住宅購入 移住予定者または所有者等     1/2 100万円※
小規模集落等の住宅を購入する子育て世帯または45歳未満のものが移住する場合     定額 10万円
住宅改修 移住予定者または所有者等     2/3 100万円※
仲介手数料 移住予定者または所有者等 10/10 5万円
家財処分 移住予定者または所有者等     10/10 10万円
引っ越し 移住予定者 2/3 20万円
補助額(上限額)の合計額 140万円 145万円 135万円 25万円    

※移住予定者または所有者等が空き家の購入と改修を同時にする場合の補助額は、購入と改修をあわせて100万円を上限とする。

詳しくは、佐伯市役所 地域振興課 移住・定住推進係 にお問い合わせください。 

 

佐伯市の空き家に関する制度

空き家バンク

空き家バンクとは

市外からの移住希望者に賃貸・売買できる市内周辺部の空き家(空き宅地含む)などの物件情報を発信することにより市内へのUJIターンに結びつけるなど、佐伯市への定住を促進する取組です。

空き家バンクのイメージ

詳しくは、佐伯市役所 地域振興課 移住・定住推進係 にお問い合わせください。

出典:佐伯市ホームページより

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ