空き家に関する補助金:関東・埼玉県・坂戸市

坂戸市の空き家に関する補助金制度

坂戸市老朽空き家等除却費補助金制度

老朽空き家等除却費補助の概要

補助対象建築物
  1. 市内の一戸建ての住宅で、補助金の交付の申請時に居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの 
  2. 昭和56年5月31日以前に着工されたもの
  3. 他の公共事業による移転、建て替え等の等の補償対象になっていないもの
補助対象者

空き家等を所有している方又は相続人、かつ、市税の滞納がない方

補助対象工事

敷地内の補助対象物件すべてを除却する工事
ただし、次の工事は除きます。

  1. 補助金交付決定通知の日前に着手した工事
  2. 年度内に完了することが出来ない工事
  3. 他の同種の補助金等の交付を受けて行う工事
補助対象経費

補助対象物件の除却並びに除却に係る廃材等の運搬及び処分に要する経費
ただし、家財道具、機械、車両等、地下埋設物(浄化槽等)の運搬及び処分に要する経費を除きます。 

補助金の額

除却工事 最高30万円 補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額) 

詳しくは、坂戸市役所 住宅政策課 住宅政策担当 にお問い合わせください。

 

坂戸市空き家改修工事等補助金制度

空き家改修工事等補助の概要

補助対象建築物
  1. 市内の一戸建ての住宅で、補助金の交付の申請時に居住その他の使用がなされていないもの
  2. 建築基準法等の法令の規定に適合しているもの
  3. 昭和56年6月1日以後に着工されたもの(昭和56年5月31日以前に着工されたものでも、地震に対して安全な構造であると判断できるものは対象となります。)
補助対象者

空き家に居住しようとする方、かつ、市税の滞納がない方

補助対象経費

補助対象建築物の改修工事等に要する経費
ただし、次の経費を除きます。

  1. 居住の用に供する部分以外の改修工事等に要する経費
  2. 設計費及び法令に基づく申請等に係る手数料
  3. 浄化槽の設置、撤去等に要する経費
補助金の額
  1. 改修工事 最高40万円 補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)
  2. 家財処分 最高10万円 補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)

詳しくは、坂戸市役所 住宅政策課 住宅政策担当 にお問い合わせください。

 

坂戸市の空き家に関する制度

坂戸市空き家バンク事業

空き家バンク事業について

坂戸市では、良好な生活環境の保全を図るために、市内にある空き家の売買や貸借を促すことを目的として、空き家バンク事業を実施しています。
この事業は、売却や賃貸を希望する空き家の情報を登録していただき、その情報を市のホームページ等に掲載して、空き家を購入したい方や借りたい方に情報を提供するものです。
坂戸市内に空き家をお持ちの方は、ぜひ空き家バンクにご登録をお願いします。

空き家バンクに係る交渉・契約の媒介について

坂戸市では、平成27年10月21日付けで、「公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会埼玉西部支部」と「公益社団法人全日本不動産協会埼玉県本部川越支部」の2団体と、『坂戸市空き家バンク媒介に関する協定』を締結しました。
空き家バンクにおける物件の売買・貸借の全ての媒介業務は、市と協定を締結したどちらかの団体に所属する宅地建物取引業者に依頼することとなります。
なお、宅地建物取引業者による媒介は、宅地建物取引業法で定められた手数料が必要となりますので、あらかじめご承知おきください。

坂戸市空き家バンクのしくみ

 

詳しくは、坂戸市役所 住宅政策課 住宅政策担当 にお問い合わせください。

 

出典:坂戸市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ