空き家に関する補助金:北海道・網走市

網走市の空き家に関する補助金制度

網走市空き家等解体事業補助金

1.目的

 空き家等が管理不全な状態にある場合、老朽化した家屋の倒壊や建築部材の飛散などにより、第三者へ被害を与えるおそれがあります。
そのため、これら管理不全な空き家や現行の耐震基準となる前の昭和56年以前に建築された空き家を除却することにより、市民の安全で安心な暮らしを確保するとともに、地域の良好な環境の保全に資することを目的として、所有者等が除却する場合にその費用の一部を補助します。

2.補助の対象となる家屋

1.特定空家等に認定した建築物
2.昭和56年5月31日以前に建築された専用住宅で3年以上空き家
市内に所在する上記1または2の解体工事で次の条件を全て満たすことが必要です。

  • 建て替え目的による解体工事ではないこと
  • 解体後に敷地内が1年以上更地になること
  • 所有権以外の権利が設定されていないこと
  • 補助を受ける目的で故意に破損させたものではないこと
  • この制度以外の国や地方公共団体の補助を受けていないこと

3.補助の対象となる者

次の条件を全て満たすことが必要です。ただし、市内外の居住は問いません。

  • 補助の対象となる家屋を所有する個人(所有者が死亡している場合は相続人)
  • 補助対象者が請負契約を締結する工事であること
  • 市税の滞納がないこと
  • 3月末までに解体工事が完了し、完了実績報告ができること
  • 暴力団員でないこと

4.施工業者の条件

市内に本店または支店を置く、次のいずれかの事業者。

  • 建設業法に基づく建設業の許可を受けた事業者
  • リサイクル法に基づく解体工事業の登録を受けた事業者

5.補助金の額

  • 補助率

補助の対象となる経費の2分の1以内(千円未満切り捨て、税込)

  • 補助限度額

補助の対象となる家屋の1に該当する場合、50万円

補助の対象となる家屋の2に該当する場合、30万円

詳しくは、網走市役所 建築課 建築係 にお問い合わせください。

 

網走市の空き家に関する制度

網走市空き家バンクについて

「網走市空き家バンク」とは

 「網走市空き家バンク」は、網走市内の空き家及び空き地の有効活用を通して、移住・定住の促進や住宅ストックの循環利用を図ることを目的とし、「北海道空き家情報バンク」と連携して運営する制度です。

 網走市では、所有者から売買等の希望のあった空き家及び空き地の情報を、これらの利用を希望する方へ提供する取り組み等を行っています。

詳しくは、網走市役所 建設港湾部 建築課 建築係 にお問い合わせください。

 

出典:網走市ホームページより

 
電話問い合せバナー

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ