空き家対策 町田市本腰(読売新聞ニュースより)

読売新聞ニュースによりますと、東京都町田市では、空き家対策に本腰を入れ、対策協議会の設置や空き家のデータベース化などを盛り込んだ条例案を12月定例会に提出するそうです。

以下記事抜粋

総務省の調査によると、町田市で2008年に1060戸だった空き家は、13年には2440戸と倍以上に増えた。特措法では、自治体は周辺に危険や迷惑を及ぼす「特定空き家」を指定したうえで、解体や修繕などを勧告・命令でき、撤去などの強制措置も取れる。固定資産税が最大6分の1にまで軽減される措置も打ち切れる。

 市は、来月にも建築士や弁護士、市民の代表など5人の委員で構成する「市特定空家等対策審議会」を設置し、特定空き家を指定する手順とその後の措置について、市長が意見を聞けるようにする。

※写真は、本文とは関係ありません。

空き家イメージ

空き家イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ