空き家シンポジウムin合志(テレビ熊本ニュースより)

テレビ熊本ニュースによりますと、熊本県合志市で11月14日に空き家の現状を理解してもらうための「空き家シンポジウムin合志」が開催されました。

以下記事抜粋

増加する空き家の現状を理解してもらおうと「空き家シンポジウム」が14日、合志市でありました。これは、NPO法人熊本県不動産コンサルティング協会が開いたもので、約150人が参加しました。シンポジウムでは東京の不動産コンサルティング会社、「さくら事務所」会長の長嶋修さんが講演。長嶋さんは「アメリカなどでは圧倒的に中古住宅の取引が多いが日本は中古より新築の取引が多く、空き家も多くなっている」と住宅市場の違いなどについて話しました。

※イラストは本文とは関係ありません。

売買 イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ