山北町定住対策、空き家ツアーで“おもてなし”

タウンニュースによりますと、JR御殿場線「山北駅」周辺の山北地区と岸地区で、山北町役場が主催する「空き家ツアー」が開催され、25名の人が参加したそうです。

以下記事抜粋

JR御殿場線「山北駅」周辺の山北地区と岸地区で5日、町役場が主催する空き家見学ツアーが開催され、関西や首都圏などから夫婦や家族連れなど17組25人が参加した。

酒匂川水系から横浜・川崎に水道水を供給する水源地で町の9割を森林が占める山北町。明治・大正には「鉄道の町」として栄え、ピーク時の1945年には1万7千人の人口を数えたが93年から転出超過が始まり、94年からは死亡が出生を上回る自然減も続いている。現在の人口1万1千人が2040年には6800人まで減る推計もある。

こうしたなか町は2009年に定住対策室を設置。山北駅前に地上6階(42戸)の子育て集合住宅を建設。利便性向上のため町内に商業施設も誘致した。

タウンニュース 空き家

タウンニュース 空き家

【空き家みまわり隊】
お問合せ☎059-351-7330

【空き家みまわり隊】提供地域:三重,四日市市,いなべ市,桑名市,鈴鹿市,亀山市,津市,松阪市,菰野町,朝日町,川越町,木曽岬町,東員町

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ