空き家に関する補助金:甲信越・山梨県・富士川町

富士川町の空き家に関する補助金制度

空き家改修費補助金

 町では、空き家の有効活用と町内への移住・定住の促進を図るため、町の空き家バンクに登録された物件を購入又は賃貸された方を対象に、空き家の改修費用の一部を助成する制度を創設しました。

【補助金の対象者】

空き家改修費補助金を受けることができる方は、
(1) 富士川町の空き家バンク制度に登録された物件を購入又は賃貸された方
(2) (1)の物件の契約日から1年を経過していない方
(3) 補助金の交付を受けてから5年以上定住する意思のある方
などの条件を満たす方です。

【補助金の対象となる改修とは・・・】

空き家の機能向上のために行う改修等です。ただし、居住のための家屋以外の建物や家屋の部分以外の改修については補助金の対象とはなりません。

【補助金額】

補助金の額は、補助対象となる改修に要した経費の半額です。(1,000円未満の端数は切捨てます。)
補助金の上限は25万円です。

【改修工事の施工】

補助金の対象となる改修工事等は、富士川町内に本店、支店、営業所等を有する法人又は個人事業所に依頼してください。

詳しくは、富士川町役場 政策秘書課 推進担当 にお問い合わせ下さい。

 

富士川町危険空き家解体費補助金

趣旨

富士川町では、適切な管理が行われていない空き家が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしていることに鑑み、地域住民の生命、身体又は財産を保護するとともに、その生活環境の保全を図ることを目的として空き家の解体を実施する者に対して、補助金を交付しています。

補助対象空き家

補助の対象となる空き家は、町内に存する個人が所有する住宅で次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 富士川町空家等対策連絡調整委員会要綱(平成27年富士川町訓令第6号)の規定による富士川町空家等対策連絡調整委員会において、危険空き家(そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となる恐れのある状態にあると認められる空き家をいう。)と指定されたもの

(2) 面積の過半以上が人の居住に供するもの

(3) 所有権以外の権利が登記されていないもの

(4) 公共事業等の補償の対象となっていないもの

補助対象者

補助対象者は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 補助対象空き家の所有者(共有の場合は、所有者全員の同意があるもの。)又は納税義務者

(2) 富士川町暴力団排除条例に規定する暴力団員又は同条第3号に規定する暴力団員等でない者

補助対象工事

補助対象工事は、補助対象者が発注する補助対象空き家の解体、撤去及び処分に係るものであって、建設業法の許可を受けた町内の建設業者又は登録を受けた町内の解体工事業者に請け負わせる工事とする。ただし、特別な事情があると認める場合は、この限りではない。

次の各号のいずれかに該当する工事は、補助対象工事としない。

(1) 補助金の交付が決定する前に着手した工事(緊急に工事を要する状況にあるため事前に届け出た場合を除く。)

(2) 他の制度による補助金等の交付を受けようとする工事

(3) 補助対象空き家の一部のみを解体する工事

(4) 舗装、浄化槽等の地下埋設物等の解体工事

(5) その他町長が補助の対象にしないと認める工事

補助金の額

補助金の額は、補助対象工事に要する経費の2分の1の額(1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)とし、50万円を限度として交付する。ただし、補助対象工事を町外の建設業者又は解体工事業者に請け負わせる場合の補助金の額は、25万円を限度とする。

詳しくは、富士川町役場 にお問い合わせください。

 

富士川町の空き家に関する制度

富士川町 空き家バンク制度

 富士川町では、定住対策の一環として、Uターンや田舎暮らしを希望される方々へ、町内の空き家(賃貸・売却が可能な物件)を紹介する「空き家バンク」制度を創設しました。

【空き家バンクとは】

 町内の空き家について賃貸や売却を希望する所有者から申込みを受け、町の「空き家バンク」に物件を登録し、空き家の利用を希望する方に対し、情報提供を行う制度です。

富士川町では、町内の空き家等の有効活用を通して、地域活性化を図ることを目的として「空き家バンク」制度を設けております。
そのため、「空き家バンク」の趣旨を御理解いただいた上で、利用を希望する方々に、物件所有者から登録していただいた町内の売却・賃貸できる物件(土地・建物)の情報を提供します。

 「空き家バンク」制度は、単純な物件の賃貸・売却、または貸別荘など夏季限定での使用などとは異なるため、利用を希望する方々に御理解いただき、次の条件を設けております。

  1. 空き家に定住し、又は定期的に滞在して、経済、教育、文化、芸術活動等を行うことにより、地域の活性化に寄与できる方
  2. 空き家に定住し、又は定期的に滞在して、富士川町の生活文化、自然環境等に対する理解を深め、地域の住民と協調して生活できる方

空き家バンクのしくみ】

詳しくは、富士川町役場 政策秘書課 推進担当 にお問い合わせ下さい。

出典:富士川町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ