空き家に関する補助金:東海・静岡県・牧之原市

牧之原市の空き家に関する補助金制度

牧之原市空き家活用リフォーム等補助金

市では市外から移住する方を支援するため、空き家バンク制度を利用し、移住者が購入または賃借した空き家のリフォームや残置物の処理を行った場合の費用を一部補助します。

対象者

空き家バンク制度を利用し、空き家を取得または賃借する移住者で、次のすべての条件を満たす方が対象となります。

※「空き家バンク制度を利用」・・・空き家バンク利用の手続きに基づき、利用申込みを行い、その後に売買又は賃貸の契約が成立したものであること。
※移住者・・・過去5年、牧之原市内へ住所を置いたことがない方。

  • リフォーム工事または残置物処理を行うこと。
  • 5年以上市内に居住する見込みであること。
  • 対象住宅に居住する方全員が納付すべき市町村税などを滞納していないこと。
  • 牧之原市子育て家族定住奨励金の交付を受けていないこと。

賃貸借の場合

  • 補助対象空き家の所有者と生計を一にしていないこと。
  • 補助対象空き家の所有者と3親等以内の親族でないこと。

補助概要

リフォーム補助

○ 条件

  次のすべてを満たすことが条件となります。

  • 市内施工業者または移住者自らが行う居住部分に係るリフォーム工事に要する費用であること。
  • リフォーム工事などの経費の総額が5万円以上であること。
  • その他法令等の規定に基づき交付を受ける住宅改修に係る補助金などの対象経費が含まれていないこと

○ 補助金額

  対象経費の2分の1以内(30万円上限)

残置物の処理

○ 条件
市内施工業者または移住者自らが行うものであること

○ 補助金額
対象経費に掛かる費用実費(5万円上限)

詳しくは、牧之原市役所 企画政策課 企画調整課係 にお問い合わせください。

 

牧之原市の空き家に関する制度

牧之原市移住定住促進空き家・空き地バンク

「移住定住促進空き家・空き地バンク」とは、適切に管理された空き家・空き地の物件情報を市が提供するしくみです。
市内に増加している空き家を、利用希望者に活用してもらい、移住・定住者が増えることにより地域活力の維持と増進を図ることを目的に開設しました。
市内全域を対象としており、どなたでも利用できます。
物件情報は、市ホームページ、榛原庁舎(企画課)及び相良庁舎(都市計画課)で閲覧できます。

1 売りたい方・貸したい方

市内に一戸建ての家や宅地として利用できる土地をお持ちで、賃貸または売却を希望される方は「移住定住促進空き家・空き地バンク」への登録をお願いします。登録方法については、こちら(売りたい・貸したい方)をご覧ください。物件の登録は随時受付ております。

touroku-1.jpg

2 買いたい方・借りたい方

物件情報を見て、利用希望の物件がありましたら、市に利用申込書を提出してください。利用申し込みについては、こちら(買いたい・借りたい方)をご覧ください。

riyoumoushikomi-1.jpg

詳しくは、牧之原市役所 企画政策課 企画調整係 にお問い合わせください。

 

出典:牧之原市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ