空き家に関する補助金:東海・岐阜県・高山市

高山市の空き家に関する補助金制度

飛騨高山ふるさと暮らし・移住促進事業補助金

対象者

飛騨地域以外から高山市へ移住し、一戸建ての空家を賃借する人、又は高山市に居住するために一戸建ての空家を取得及び改修する人。(ただし、移住後5年間の定住の確約が必要)

対象地域

高山市全域

補助金の額

借家等賃借料補助金
  • 家賃月額の3分の1以内で15,000円を限度とし、3年間補助。
空家取得費・改修費補助金
  • 空家の取得及び改修にかかる費用の2分の1以内の額で1,000,000円を超えない額を補助。(土地の取得費は除く)

 ※事業の実施前に計画の認定が必要となりますので、ご注意ください。

詳しくは、高山市役所 企画部 ブランド戦略課 にお問い合わせください。

 

多世代同居促進事業補助金

 新たに3世代以上で同居するために空家を取得、改修する場合、その費用の一部を助成する制度です。
空家に限らず、新築や増改築も対象となります。
児童の年齢や従前の居住地など一定の要件があります。
・取得、改修等に要する費用の1/2以内の額(上限1,000千円)

詳しくは、高山市役所 子育て支援課 にお問い合わせください。

 

まちなか定住促進事業補助金

 中心市街地活性化区域以外からの移住者が、区域内で空家を取得、改修する場合、その費用の一部を助成する制度です。
空家に限らず、新築も対象となります。
・取得、改修等に要する費用の1/2以内の額(市外からの移住者の場合上限1,500千円、市内の転居者の場合上限1,000千円)

詳しくは、株式会社まちづくり飛騨高山 にお問い合せ下さい。

■中心市街地活性化事業補助金

 中心市街地活性化区域内で空き店舗を借上げ、事業を営もうとする場合、賃貸又は改修費用の一部を助成する制度です。
・賃貸料に対する助成
月額家賃の1/3以内の額(上限年800千円、店舗面積1平方メートルあたり15千円以内、3年限り)
・改修費(実演、体験スペースの整備、バリアフリー改修など)に対する助成
費用の1/3以内の額(上限450千円)

詳しくは、株式会社まちづくり飛騨高山 にお問い合せ下さい。

 

高山市の空き家に関する制度

移住希望者向け空き家バンク

のんびり暮らしたい人や大自然の中で暮らしたい人など、高山市での暮らしを考えている方のために、空き家紹介制度を開設しました。この制度は、空き家の所有者から提供された物件情報を、移住希望者に対してご紹介するものです。

空き家紹介制度概要のイラスト

詳しくは、高山市役所 企画部 ブランド戦略課 にお問い合わせください。

 

空き家空き店舗等物件紹介サービス

 中心市街地活性化区域内で新たに起業しようとする人などの希望する物件情報をお聞きし、市内の不動産事業者への照会を代行することにより、起業希望者の負担軽減、空き店舗等の活用を図るサービスです。

詳しくは、株式会社まちづくり飛騨高山 にお問い合せ下さい。

 

出典:高山市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ