空き家に関する補助金:東海・岐阜県・白川町

白川町の空き家に関する補助金制度

住宅取得等支援事業補助金

白川町への定住促進を図るため、住宅の新築、中古住宅の購入に対し補助金を交付します。

◆対象者は、それぞれ次の要件を満たす方です

 (1)町民
  • 町内に自ら居住する住宅を取得する方
  • 結婚して町内の中古住宅を賃貸する方
  • Uターンや結婚に伴い、実家等の増改築を行う方
 (2)転入者
  • 町内に自ら居住する住宅を取得する方
  • 町内に自ら居住する住宅を取得し、増改築等を行う方
  • 町内に自ら居住する住宅を賃貸する方または賃貸した住宅の増改築を行う方
 (3)貸主
  • 結婚して居住する方や転入して居住する方と住宅の賃貸契約した方で増改築を行う方
 ※注意  次の場合は対象者になりません。
  • 実績報告する日の前日までに住宅所在地に住民登録しない方
  • 自治会に未加入で加入する意志のない方
  • 補助金の交付を受けた日から5年以上定住する意志のない方

◆補助金の内容は、次のとおりです。

区  分 概     要
新築住宅
住宅を新築(新築住宅を購入)したときに受けられる補助金
 【基本額】 住宅の構造を問わず一律         40万円
 【県産材使用加算】   20万円 (内装材使用の場合30万円
 【水道加入加算】 簡易水道加入分担金を支払った場合   45万円
 【浄化槽上乗せ加算】 合併処理浄化槽設置補助金を受けた場合  10万円
 【子育て加算】 認定申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき10万円
中古住宅
中古住宅を購入したとき受けられる補助金
<町民>
 【基本額】 住宅の購入費の1/2              上限20万円
 【結婚加算】 結婚するため購入する場合のみ 一律  30万円
 【浄化槽上乗せ加算】 合併処理浄化槽設置補助金を受けた場合     10万円
 【子育て加算】 認定申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき10万円
   補助金は、上記の合計額と取得費のいずれか少ない額
 【改修補助】 住宅改修に要した経費の1/2       上限50万円
<転入者>
 【基本額】 住宅の購入費の1/2以内        上限50万円
 【浄化槽上乗せ加算】 ★合併処理浄化槽設置補助金を受けた場合     10万円
 【子育て加算】 認定申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき10万円
   補助金は、上記の合計額と取得費のいずれか少ない額
 【改修補助】 住宅改修に要した経費の1/2以内   上限50万円
住宅賃貸  住宅を賃貸するとき受けられる補助金

 【基本額】 家賃の1/2                    月額 上限1万5千円  ただし、36月分まで
 【子育て加算】 認定申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき 月額 2千円
 【改修補助】 住宅改修に要した経費の1/2    上限50万円
実家改修
 【改修補助】 住宅改修に要した経費の1/2    上限50万円
 【子育て加算】 認定申請時現在で扶養する中学生までの子ども 1人につき10万円
   ※実家改修は、Uターン、結婚など、特別な機会に限り対象になるものです。

詳しくは、白川町役場 企画課 企画係 にお問い合わせください。

 

白川町の空き家に関する制度

空き家バンク

白川町にある空き家を資産と捉え、その有効活用と定住促進による地域活性化を図るため、空き家の賃貸・売却を志望している所有者等から申し込みを受けた物件情報を、町内への促進等を目的として空き家の利用を希望する方に紹介する制度です。

詳しくは、白川町移住・交流サポートセンター にお問い合わせください。

 

出典:白川町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ