空き家に関する補助金:東海・岐阜県・中津川市

中津川市の空き家に関する補助金制度

中津川市空家解体支援事業補助金のご案内

○市内の空家を解体する方に解体費用の一部を補助することで、市民の安全で安心な暮らしを確保し、良好で快適な住生活環境及び定住環境の形成及び保全並びに土地の利活用を図ります。

<用件>(以下のいずれにも該当すること)

(対象者)
  1.  空家の所有者もしくはその相続人又はそれらの方から同意を受けた方
  2.  市税の滞納がない方(世帯全員)
(対象空家)
  1. 中津川市内に存在する空家で個人が所有するもの
  2. 空家である期間が概ね1年以上のもの
  3. 空家に所有権以外の権利が設定されていないもの
  4. 公共事業による移転等の補償対象でないもの
(対象工事)
  1. 同一敷地内のすべての空家を解体する工事
  2. 市内に事業所を有する法人又は個人事業主が行う工事
  3. 解体工事の費用が30万円以上である工事

<補助金額>

  1.  解体工事費用の3分の1に相当する額で上限30万円

詳しくは、中津川市役所 防災安全課 にお問い合わせください。

 

中津川市空き家再生リフォーム事業

○市内の空き家の抑制と、貸家、貸店舗としての活用や確保を図ります。

≪対象となる住宅≫

ア 市内の現に居住していない一戸建ての住宅(集合住宅(※1)及び特定空家(※2)を除く。)
イ 市内の現に店舗部分が利用されていない店舗併用住宅
ウ 過去にこの要綱による補助金の交付を受けたことがない住宅
※1 一棟の建物の中に複数の住居があるもの(アパートなど)
※2 中津川市空家対策協議会で適正な管理が出来ていないとされた空き家

≪対象となる工事等≫

1 上記アについては、貸家とするためのリフォーム工事(自らリフォームを行うときの材料代や、器具等のリース代を含む。)
2 上記イについては、住宅部分に引き続き自己が居住し、店舗部分を貸店舗(※3)とするためのリフォーム工事(自らリフォームを行うときの材料代や、器具等のリース代を含む。)
3 1、2のいずれの場合も市内に事務所、事業所を有する法人又は個人事業者に依頼していること。
※3 中津川市元気都市づくり支援事業費補助金の空き店舗活用支援事業の補助対象となる貸店舗

≪対象者≫

1 対象となる住宅の所有者(個人)
2 対象となる住宅を借りる方(ただし、賃貸借契約書等でその改修に関して貸主の承諾が確認できること。また住宅の賃貸借契約後半年以内にリフォーム工事が完了すること。)
3 1、2のいずれかの方で、次の条件に全て該当する方
(1)対象となる住宅を3年間賃貸又は賃借できる方
(2)市税の滞納がない方
(3)暴力団員でない方

≪交付の条件≫

1 対象となる工事等の契約と実工事、住宅の賃貸借契約のいずれもが平成29年4月1日以降に行われること。

≪補助金額≫

1 改修費用の1/2(千円未満の端数は切捨て、上限40万円)
2 耐震補強工事等市の他の補助金を受けるときは、その補助金を除いた額の1/2の額

詳しくは、中津川市役所 定住推進課 にお問い合わせください。

 

中津川市住宅リフォーム補助事業のご案内

地震に強いまちづくり及び居住環境の向上を図るため、木造住宅耐震改修工事と同時にリフォーム工事を行う方に対する補助制度です。

◆補助の対象

(1) 昭和56年5月31日以前に着工された住宅

(2) 中津川市の木造住宅耐震改修補助金申請をされ、耐震補強工事をされる方

(3) リフォーム工事に要する費用(消費税を除く)であること

◆補助の対象とならない工事

(1) 公共事業の施行に伴う補償費の対象となる工事

(2) 門・塀等、いわゆる外構工事

(3) 中津川市の同様の補助制度の対象となる工事

◆補助金の額

住宅リフォーム工事に必要な経費(消費税を除く)の額(上限 160,000円)

詳しくは、中津川市役所 基盤整備部 建築住宅課 にお問い合わせください。

 

ふるさとお帰り支援事業

対象となる方

  • 平成28年4月1日以後に、中津川市へ転入した50歳以下の方
    ※転入する前6カ月の間、中津川市に住所がない方
  • 中津川市に定住する意思のある方
  • 市税などの滞納のない方

対象となる住宅

  • 平成28年4月1日以後に建築、中古住宅などの購入、自宅などの増改
  • 建築、購入、増改築にかかる契約金額が80万円を超えていること
  • 過去にこの補助を受けたことがないこと
  • 実家などの増改築のときは、その建物を含む固定資産税の滞納がないこと

補助金の額 30万円

  ※建築、新築住宅の購入、増改築のときは中津川市内に本社のある事業者との契約で10万円を加算

  ※中古住宅(空き家など)の購入で10万円を加算

詳しくは、中津川市役所 定住推進課 にお問い合わせください。

 

新婚さんいらっしゃい事業

対象となる方

  • 平成28年4月1日以降に婚姻された方
  • 結婚後1年未満で、ご夫婦の年齢が合わせて80歳以下のご夫婦
  • 市内の民間賃貸住宅に入居している方
  • 支払う家賃の月額が4万円を超えている方
  • 中津川市に定住する意思のある方
  • 市税などの滞納のない方
  • 家賃の滞納のない方

補助金の額

  • 月額最大1万円(×12カ月)
  • 世帯の合計所得が300万円未満の世帯には引越し費用を最大3万円補助

詳しくは、中津川市役所 定住推進課 にお問い合わせください。

空き家バンク奨励事業

対象となる方

  • 空き家を所有している方と、空き家を紹介した団体など
    ※空き家を紹介した団体などがない場合でも空き家を所有している方は対象となります。

対象となる条件

  • 所有する空き家または紹介した空き家が市の「空き家情報バンク」に登録され、その空き家が売買・賃貸の契約に至ったとき
    ※「空き家情報バンク」への物件登録は、市と協定を締結している事業者が仲介します。

奨励金額

  • 空き家を所有する方 4万円
  • 空き家を紹介した団体など 1万円
    ※利用目的は居住に限ります。

詳しくは、中津川市役所 定住推進課 にお問い合わせください。

中津川市の空き家に関する制度

空き家情報バンク

空き家の所有者からいただいた利活用可能な空き家の情報をホームページで公開し、移住定住を希望する方に住まいの情報提供をするものです。

登録した空き家は、市と協定を締結している市内協力事業者が調査し、空き家情報バンクへ登録後の移住希望者との交渉や契約なども仲介します。

空き家情報登録制度(空き家情報バンク)の概要

詳しくは、中津川市役所 定住推進部 定住推進課 にお問い合わせください。

 

出典:中津川市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ