空き家に関する補助金:東海・岐阜県・飛騨市

飛騨市の空き家に関する補助金制度

飛騨市移住促進住宅改修事業補助金

飛騨市の人口の増加及び移住定住を促進し地域の活力を図るために、新たに市内に移住定住を希望する方が、居住のため空き家を取得し改修工事をおこなった場合、その改修工事に係る経費に対し補助金を交付します。

(補助対象者)

平成32年3月31日まで転入し、次の要件を全て満たす方です。

  1. 生活の本拠とする空き家を取得し改修工事を行う方
  2. 市内に居住する二親等以内の親族を持たない方
  3. 暴力団の構成員及び暴力主義的破壊活動を行う団体等に所属していない方
  4. 本人又は同居の親族が市税等を滞納していない方
  5. 事業完了してから引き続き5年以上居住を継続する見込みである方

(補助対象工事)

平成32年3月31日までに完了する工事のうち、次の要件を全て満たす工事です。

  1. 改修工事に要する費用(消費税を含む。)が10万円以上である工事
  2. 市内に本社若しくは事業所を有する法人又は個人と契約を締結して施行する工事

(補助金額)

対象経費の3の1以内で、100万円を上限とします。

詳しくは、飛騨市役所 地域振興課 にお問い合わせください。

 

飛騨市の空き家に関する制度

飛騨市住むとこネット

大切な家、思い出のある家、守ってきた土地だからこそ、大切に使ってくださる人につなぎたい。
飛騨市では、人口減少対策、空き家対策の一環として、市内宅地建物取引業者と連携し、市内の空き家を、大切に使ってくださる買い手・借り手につなぐ空き家情報サイト「飛騨市住むとこネット」を開設しました

詳しくは、飛騨市役所 地域振興課 にお問い合わせください。

 

出典:飛騨市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ