空き家に関する補助金:東海・愛知県・春日井市

春日井市の空き家に関する補助金制度

老朽空き家解体費補助金

制度の概要

補助の対象となる空き家

次の条件をすべて満たす空き家

  • 市内にある1年以上使用されていないもの
  • 建築後22年以上経過した木造住宅
  • 個人が所有するもの
  • 所有者以外の権利者がいないもの(所有者以外の権利者からの同意があるもの)
  • 市から空家特措法に基づく措置命令を受けていないもの
対象者

 次のどちらかに該当する個人(ただし、暴力団関係者でない者に限る)

  • 空き家の所有者
  • 当該空き家の存する土地の所有者※空き家1戸につき1人まで
    同一会計年度内において、1人につき1回まで
補助金額

 対象経費の3分の2(1,000円未満切り捨て)。上限額200,000円

詳しくは、春日井市役所 環境部 環境保全課 にお問い合わせください。

 

空き家解体融資利子補給補助金

市が指定する金融機関の空き家解体ローンを利用される方に対し、利息分の一部を助成します。

空き家解体ローン利子補給のイメージ図

 例えば、150万円を利率1.5%で借り入れ、返済期間を15年とする場合、元金と利子を合わせた111,732円を毎年支払うこととなります。市は、利子の約1%分に相当する14,500円を補助します。

制度の概要

補助の対象となる方

 市内の空き家の解体を目的として、市が指定する金融機関から融資を受けた方

金融機関

 株式会社大垣共立銀行 (H28.4.1現在)

補助金額

 1月1日から12月31日までに金融機関に返済した元金に対し、年利1%の利子に相当する額(60,000円を限度とします)

詳しくは、春日井市役所 環境部 環境保全課 にお問い合わせください

 

空き家見回り事業補助金

市は、空き家の適正な管理を推進するため、公益社団法人春日井市シルバー人材センターと協定を締結しました。
この協定に基づき、シルバー人材センターが実施する空き家見回り事業を利用する方に対し、費用の一部を助成します。

制度の概要

補助の対象となる方

 シルバー人材センターが実施する空き家見回り事業を利用する方

補助金額

 事業の利用1回につき、500円を助成します。

詳しくは、春日井市役所 環境部 環境保全課 にお問い合わせください。

 

春日井市の空き家に関する制度

現在、春日井市の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:春日井市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ