空き家に関する補助金:東北・山形県・高畠町

高畠町の空き家に関する補助金制度

高畠町住宅リフォーム支援事業助成金

◆住環境の整備や地元建築関連業界の振興、人口減少対策を目的に実施します◆

【1. 交付対象となる方】

  1. 町内に自ら居住する持家や空き家のリフォーム工事を行う方
  2.  町内建築業者(個人の事業者も含む)と工事請負契約を締結する方
  3.  平成30年2月末日までに工事完了届けを提出できる方
  4.  町税に滞納がない方(申請者世帯と建築業者)
  5.  町等が実施する他の補助を受けていない方
  6.  申請前に工事を着工していない方

※工事着工前に申請してください。工事の着工後や完了後に申請しても受付けられません。

【2. 交付対象となる工事】

要 件 工 事 部分補強工事 既存部分の壁を筋交いで補強、柱の補強や増設など いずれかを含む工事で、基準 点の合計が10点以上となる 工事(工事費が50万円未満 の場合は5点以上)
省エネ工事 高効率給湯器・二重建具・複層ガラス入り建具・省 エネ照明機器等の設置、断熱材を使用する工事など
バリアフリー化工事 床の段差解消、手すりの取付け、便座を座便式にするなど
県産木材使用工事 「やまがたの木」認証制度により産地証明された木 材(集成材を含む)を使用する工事
克雪化工事 屋根に雪止めの設置、融雪設備の設置など
三世代同居リフォー ム工事 居室の床面積を 10 ㎡以上増加させる工事、便所・ 浴室・台所等を1ヶ所以上増設する工事 バリアフリー化工事、三世代 同居リフォーム工事で、基準 点の合計が10点以上となる 工事
要件工事を含まない工事 50万円以上の工事

【4. 助成額】

① 要件工事を含む場合

《町分》工事費(税込)の5%、上限5万円(千円未満切り捨て)※住宅1戸につき1回限り

《県分》下記の表に該当する額(千円未満切り捨て)※平成29年度中住宅1戸につき1回限り

世帯要件  助成金の額
県産木材3㎥以上使 用合・空き家のリフ ォーム※ 左記以外
三世代世帯 3つ以上の世代が同居しており、平成11年4月 2日以降に生まれた子ども(18歳未満)がいる 世帯 工事費の20%、 上限40万円 工事費の20%、 上限30万円
移住世帯 平成28年4月1日以降に、県外から町内に移住 した世帯等
近居世帯 平成28年 4 月1日以降に親世帯と子世帯(平 成11年4月 2 日以降に出生した世帯員がいる 世帯に限る)の居所が新たに近居区域(直線距離 が2㎞以下の区域又は同一小学校通学区域内に なった世帯
新婚世帯 申請日が婚姻した日から1年以内である世帯
子育て世帯  平成11年4月2日以降に生まれた子どもが3 人以上おり、続柄が父母又は祖父母で構成される 世帯
 一般世帯  工事費の10%、上限30万円 工事費の10%、 上限20万円

※空き家:事業、貸付及び居住を目的とした使用がなされていない建築物。平成28年 4 月1日以降に売買・贈与・賃貸 借により取得したもの。(相続によるものは平成26年4月1日以降にしたものに限る)

※空き家の要件を満たし、売買によって取得した空き家については中古住宅診断を受けた場合の上限になります。中古診断 を受けていない場合は上限が20万円になります。

② 要件工事を含まない50万円以上の工事の場合

《町分》工事費(税込)の5%、上限5万円(千円未満切り捨て)※住宅1戸につき1回限り

詳しくは、高畠町役場 建設課 建築住宅係 にお問い合わせください。

 

高畠町の空き家に関する制度

現在、高畠町の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:高畠町ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ