空き家に関する補助金:東北・山形県・真室川町

真室川町の空き家に関する補助金制度

真室川町危険老朽空き家解体助成事業費補助金に

町内の景観及び町民の安全安心を確保するため、助成事業を実施します。

 ◇「危険老朽空き家」とは

・適正に管理されていないことにより周囲に危険を及ぼすおそれがある

・国土交通省住宅局住環境整備室が定めた「外観目視による住宅の不良度の判定基準」の

合計が100点以上

・使用することが不可能

の3項目を全て満たす空き家のことを言います。

 ◇対象となる空き家

・個人が所有するもの

・物権または賃借権が設定されていないもの

・公共事業等の補償の対象となっていないもの

◇補助対象となる方

・本町の固定資産台帳に登録されている空き家の所有者または相続権利者

・所有者または相続権利者から危険老朽空き家解体及び撤去について委任を受けた方

・対象者及びその者と同一世帯に属するもの全員が、市町村県民税が

非課税または均等割課税のみの方

 ◇補助の対象となる工事費

・町内に事業所を有し、空き家の解体及び撤去を行う資格を有する解体撤去業者による

危険老朽空き家の解体及び撤去に要する工事費

 ◇補助金の額

・補助対象工事費の1/3以内(上限300,000円、1,000円未満は切り捨て)

 ◇補助金交付完了後の条件

・補助金の交付を受けて空き家を解体した方は、跡地管理人を指定して町に届けるとともに、

雑草の繁茂や廃棄物の投棄が生じないよう、適正に管理していただきます。

詳しくは、真室川町役場 町民課 にお問い合わせください。

 

真室川町の空き家に関する制度

真室川町空き家情報登録制度「空き家バンク」&アパート情報

   真室川町では、町内の空き家を有効活用して町民と都市住民の交流拡大や定住促進による地域の活性化を図るため、町内の貸借・販売できる住宅等を所有している方から、物件情報を空き家情報登録制度「空き家バンク」に登録していただき、このホームページ等で利用希望者への情報提供を行います。
詳しくは、真室川町役場 交流課 にお問い合わせください。
出典:真室川町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ