空き家に関する補助金:東北・山形県・河北町

河北町の空き家に関する補助金制度

河北町移住定住促進事業費補助金制度

住宅を新築または購入して、河北町に転入された方に補助金を交付します。

 近年、少子高齢化や大都市への人口集中などで、年々町の人口の減少が目立つようになりました。そこで人口の減少を食い止め、町の人口増加と定住化を図り地域の活性化を促進するため新制度を創設しました。

事業実施期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日

交付が受けられる方

以下の要件すべてに該当する方

●居住者のうち世帯主
●河北町に転入した方のうち、転入する前1年間は河北町に居なかった方で、今後河北町に定住する方。また、転入後1年を経過していない方。
※前住所の居住年数が、住民票などで確認できない場合は該当しません。
●平成23年4月1日以降に新築(完成)した住宅に居住する方、または平成23年4月1日以降に購入(契約等)した住宅に居住する方。
●新築と購入住宅の契約書、または登記簿謄本の名義が世帯主またはその配偶者であること。
●その住宅の所在地で住民基本台帳に記載されている方。
●この補助金をこれまで受けてない方。
※詳しくはお問い合わせください。

補助金交付額

条件に適合すれば70万円を交付します。
転入した夫婦いずれかが40歳未満であれば、さらに30万円を加算します。

詳しくは、河北町役場 都市整備課 管理係 にお問い合わせください。

河北町の空き家に関する制度

河北町空き家バンク制度

空き家を売りたい・貸したいという所有者と、それを買いたい・借りたいという町内への 居住希望者を町が仲介する制度です。
空き家の所有者が空き家を「空き家バンク」に登録し、その物件の情報を町が発信します。
空き家を利用したい希望者は、町へ利用の申し込みをし、空き家所有者と直接契約することになります。また、仲介業者を通して契約することもできます。
空き家バンクに登録した物件を購入した場合には、転入やリフォームなどの補助金を受けられる場合があります。

詳しくは、河北町役場 都市整備課 管理係 にお問い合わせください。

 

出典:河北町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ