空き家に関する補助金:東北・宮城県・岩沼市

岩沼市の空き家に関する補助金制度

交流サロン推進事業費補助金

岩沼市では、高齢者等の閉じこもり予防、心身の健康維持、介護予防ならびに地域 での支え合い体制を確立するために、歩いて行くことのできる身近な場所に交流 サロンを開設する団体や個人に「交流サロン推進事業費補助金」を交付します。

●交流サロンとは

・高齢者等を対象に、市内の公共施設、集会所等を利用し月 2 回以上、1回あたり2時間以上交流できる場のこと(開設時にはボランティアスタッフ 1名以上の従事が必要)

・活動内容は、誰もが参加できる内容かつ参加者の実情に応じた多様なものとし、一部の人や特定の活動に限定しないこと

・自由に来て自由に帰ることができること

●補助対象者

・市民が主体となって市内で活動し活動拠点が市内にある町内会、連合町内会、老人クラブその他の団体または個人の方

【補助内容】 ※自主活動へ移行する前提で、3 年間の補助とする。

補助金の区分 補助対象経費 補助金額 補助年次
(1)活動拠点整備 事業費 交流サロンとして使用する建物等 の修繕料、工事請負費、備品購入費 補助対象経費の 10 割 上限額 30 万 円 初年度 のみ
(2)運営事業費 ①初年度立ち上げ費用

周知に係る費用、その他立ち上げ時 に必要と認められる費用

補助対象経費の 10 割 上限額 5 万 円 初年度 のみ
②運営費

消耗品費、燃料費、印刷製本費、光 熱水費、通信運搬費、保険料、人件 費、その他運営に必要と認められる 費用

開催 1 回あたり 1000 円
③賃借料(固定資産税相当分)

家屋及び宅地

補助対象経費の 10 割 上限額 10 万円╱年
④賃借料(家賃相当分) 補助対象経費の 10 割 上限額 1 万円╱月 (10 万円まで)

詳しくは、岩沼市役所 介護福祉課 高齢者生きがい係   にお問い合わせください。

 

岩沼市の空き家に関する制度

現在、岩沼市の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:岩沼市ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ