空き家に関する補助金:東北・福島県

福島県の空き家に関する補助金制度

福島県空き家・ふるさと復興支援事業

1 事業概要・目的

 東日本大震災・原子力災害により被災または避難されている方の住宅再建や、県外からの定住等を促進するため、空き家を改修し自ら住まわれる方へ改修費用の一部に補助金を交付します。

※ 本事業は空き家を購入または賃借することを要件としているため、自宅等は対象となりません。

2 補助を受けることができる方

下記(1)または(2)の方で、平成26年4月1日以降に福島県内の空き家を購入または賃貸借契約をされた方。

※原則として平成30年3月30日(金曜日)までに事業を完了し、完了実績報告を行うことが必要です。

(1)東日本大震災(原子力災害を含む)で被災・避難された方
・地震・津波により半壊以上の被害を受け、自ら居住する住宅を失った方
・原子力災害が発生した際に警戒区域等(警戒区域、計画的避難区域、帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域、緊急時避難準備区域)に居住されていた方及び特定避難勧奨地点に居住されていた方で、元の住居以外で住宅を再建等される方
(2)県外から福島県に移住され、かつ、住民票を異動される方

3 補助の内容

補助額は(1)及び(2)を合計した額。

※詳細につきましては、福島県空き家・ふるさと復興支援事業(空き家改修等支援事業)補助金交付要綱にてご確認ください。

(1)ハウスクリーニング等
空き家のハウスクリーニング等 補助上限40万円/戸
※空き家の改修に合わせて実施する場合に限ります。
(2)リフォーム
空き家の改修 内外装やトイレ・浴室等の水廻りの改修に対し工事費の2分の1
(補助上限150万円/戸。なお、今年度から、県外から移住される子育て世帯には、補助上限を210万円/戸に拡充。)

 

福島県の空き家に関する制度

福島県空き家・古民家相談センター

福島県空き家・古民家相談センターでは、県外からの定住・二地域居住希望者や県内の空き家・古民家所有者等を対象に、空き家等の物件情報や改修方法をはじめ様々な疑問・悩みについて、市町村や建築関係団体などと連携して相談に応じています。

詳しくは、福島県建設センター5階 福島県耐震化・リフォーム等推進協議会内 福島県空き家・古民家相談センター にお問い合わせください。

 

出典:福島県ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ