空き家に関する補助金:信越・新潟県・糸魚川市

糸魚川市の空き家に関する補助金制度

空き家改修事業

市外にお住まいの方の移住・定住を促進するため、空き家情報提供制度を通じて空き家を購入した方に空き家の改修に係る費用の一部を補助しています。

1.補助対象の空き家

 糸魚川市空き家情報提供制度を通じて購入した住宅

2.補助事業の概要 

補助対象者の要件

次のいずれにも該当すること。
(1)市外在住者又は当市に転入して1年以内の者で、制度を通じて空き家を購入すること。ただし、空き家の所有者と親子関係にある場合は、対象外とする。
(2)空き家を購入した後、1年以内に住宅等の改修を行うこと。
(3)空き家の改修を終了した日以後、1年以上当市に住所を有し、かつ、居住の見込みがあること。
(4)市内に本店又は支店を有する業者(個人事業者を含む)の施工により改修工事を行うこと。
(5)本補助金の交付を受けたことがない空き家であること。
(6)市税等の滞納が無いこと。

補助対象経費

次のいずれにも該当すること。
(1)空き家及び居住に必要な住宅又は付帯する施設の修繕及び増築にかかる経費。ただし、備品購入及び外溝工事は、対象外とする。
(2)対象となる経費の総額(消費税及び地方消費税含む)が300,000円以上のもの。

補助率及び補助限度額

・補助率1/3(1,000円未満切り捨て)
・限度額500,000円
※18歳以下の者が同一世帯にいる場合は、補助率1/2(限度額1,000,000円)とします。

詳しくは、糸魚川市役所 総務部 定住促進課 にお問い合わせください。

家財道具等処分補助金

糸魚川市空き家情報提供制度を通じて売却した空き家の所有者を対象に、空き家内にある家財道具等の処分に係る費用の一部を助成する制度です。市内の空き家(一戸建てに限ります。)をお持ちの方は、ぜひ糸魚川市空き家情報提供制度への登録をご検討ください。

1.事業の概要

補助対象者の要件

次のいずれにも該当すること。
(1)制度を通じて空き家を売却する空き家の所有者。ただし、法人は、対象外とする。
(2)市内に本店又は支店を有する業者(個人事業者を含む)により処分を行うこと。
(3)本補助金の交付を受けたことがない者
(4)市税等の滞納が無いこと。

補助対象経費

次のいずれにも該当すること。
(1)空き家の売却に当たって実施する家財道具等の搬出及び処分にかかる経費
(2)対象となる経費の総額(消費税及び地方消費税含む)が50,000円以上のもの。

補助率及び補助限度額

・補助率1/2(1,000円未満切り捨て)
・限度額100,000円

詳しくは、糸魚川市役所 総務部 定住促進課 にお問い合わせください。

 

糸魚川市の空き家に関する制度

空き家情報提供制度

糸魚川市では、空き家の有効活用と市外からの定住を促進し、地域の活性化を図るため、所有者から登録していただいた、市内にある空き家情報をホームページで公開しています。
また、平成23年度から糸魚川市への定住を希望される方で同制度を利用して空き家を購入又は賃借された方に、空き家を改修する際の修繕費の一部を補助する制度が始まりました。

制度のイメージ

こんな方は、ぜひご利用ください。
☆「売りたい!貸したい!」という空き家をお持ちの方。
☆糸魚川市に定住を希望される方で、市内の空き家を「買いたい!借りたい!」という方。
【空き家情報提供制度イメージ図】
制度のイメージ図

空き家の売買・賃貸借までの流れ
(1)「売りたい。貸したい」空き家をお持ちの方で、この制度の利用を希望される方は、市に登録申請してください。
(2)市は、申請の内容をホームページで公開します。
(3)「買いたい。借りたい」人は、市のホームページで空き家の情報を取得します。
(4)「買いたい。借りたい」人は、所有者と連絡をとるために、市に誓約書を提出します。
(5)市は、「買いたい。借りたい」人に空き家の所有者の連絡先を紹介します。
(6)「売りたい。貸したい」人と「買いたい。借りたい」人で交渉を行います。

詳しくは、糸魚川市役所 総務部 定住促進課 にお問い合わせください。

 

 

 

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ