空き家に関する補助金:信越・長野県・豊丘村

豊丘村の空き家に関する補助金制度

若い世代の住宅取得補助金

豊丘村では、平成27年度から若い世代や子育て世代の住宅取得に対する補助を行い、若い世代の村外からの転入や村内での定住化を促進します。
また、親世帯が村内に居住する場合や15歳以下のお子さんがいる場合は、補助額を加算して「親・子・孫 3世代がずっと一緒に暮らせるふるさと 豊丘村」を目指します。

交付対象者と補助内容

下表の要件を満たした住宅取得者(申請者)に補助金が交付されます。さらに加算補助要件を満たした場合は、それぞれの金額を加算した金額が交付されます。
この補助金は、「定住促進のための住宅用地取得・住宅新築等助成金交付要綱」に準拠しており、同時に受け取ることができます。

 
補 助 の 種 類 要 件 補助金額
基本補助 若い世代の住宅取得 夫婦ともに49歳以下の世帯、または、49歳以下のひとり親世帯や単身者が住宅を取得し、村税等の滞納が無い場合
(増築の場合は補助金額の上限は15万円)
30万円
加算補助(1) 取得者に子どもがいる(生まれる) 申請時に15歳以下の子どもがいる場合、または子どもが生まれる予定である(妊娠しており母子健康手帳の交付を受けている)場合 +10万円
加算補助(2) 取得者またはその配偶者の親等と同居する 取得者または配偶者の親等が1年以上継続して豊丘村内に居住しており、その親等と同居または隣接する土地に居住している場合で、親等の村税等の滞納が無い場合 +20万円
加算補助(3) 取得者またはその配偶者の親等が村内に居住している 取得者または配偶者の親等が1年以上継続して村内に居住しており、親等が村税等の滞納が無い場合 +10万円
加算補助(4) 取得者またはその配偶者が村外からの転入者 取得者が村外から交付対象住宅での定住を目的とする転入者である場合(転入前1年以上豊丘村内に住民票が無いこと) +10万円
最大で80万円の補助!!

交付対象住宅の要件

取得した住宅は、次の全ての要件を満たしていなければなりません。

・新築の場合は、申請者世帯が居住するための住宅で、50㎡以上280㎡未満であり、居間、台所、玄関、便所、浴室が備え付けてあること。
・増築の場合は10㎡以上の居室1部屋以上が増床となること。
・新築・中古住宅については、不動産登記において申請者名(共有名義も可)で所有権の登記がされていること。
・増築の場合は、工事の契約者が申請者本人であること。
・平成27年4月1日以降に取得した住宅であること。

詳しくは、豊丘村役場 総務課 企画財政係 にお問い合わせください。

空き家改修費補助金

 居住するために豊丘村内の空き家を改修する方に、空き家の改修費を助成します。

補助金の額

 空き家改修費総額の1/2(ただし、上限を60万円とします)

補助金の対象要件(以下の全てに該当する方)

  1. 豊丘村空き家情報活用制度の物件登録者(貸主)または利用登録者(借主)
  2. 空き家の改修を村内建設業者において行う方
  3. 市町村税を滞納していない方
  4. 借主として補助を受ける場合は、改修後速やかに居住できる方に限る。

 

詳しくは、豊丘村役場 総務課 企画財政係 にお問い合わせください。

定住促進空き家利用仲介手数料補助金

空き家情報活用制度を利用して、空き家の所有者と利用申込者で行う売買又は賃貸借契約は、豊丘村に登録している宅建業者が仲介します。この仲介手数料について最大20万円を助成します。

詳しくは、豊丘村役場 総務課 企画財政係 にお問い合わせください。

 

豊丘村の空き家に関する制度

空き家情報活用制度

豊丘村では、人口増対策の一環として「空き家情報活用制度」を設けました。この制度は、豊丘村内に空き家を所有している方から物件情報を登録いただきます。また、空き家を借りたい、また買いたいという方にも本制度に登録いただき、「空き家の所有者」と「空き家に住みたい方」との橋渡しをするというものです。

詳しくは、豊丘村役場 総務課 企画財政係 にお問い合わせください。

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ