空き家に関する補助金:信越・長野県・岡谷市

岡谷市の空き家に関する補助金制度

岡谷市老朽危険空き家対策補助金制度

岡谷市老朽危険空き家対策補助金制度 とは

空き家の修復や解体には経費がかかり、とくに車の入らない場所などでは、家財の運び出しが困難で工事費もかさみます。

岡谷市老朽危険空き家対策補助金は、老朽化して倒壊、または建築材の飛散などのおそれのある危険な空き家の解体工事費用を助成する制度になります。

対象となる空き家

  1. 1年以上使用されていない一戸建で、2分の1以上が住居であること。
  2. 住宅地区改良法に規定する不良住宅と同様の空き家であること。(市において判定を行います)
  3. 倒壊すれば隣接道路、隣地へ悪影響を及ぼすおそれがあるもの。
  4. 個人が所有する空き家であること。
  5. 所有権以外の権利が設定されていないこと、または権利者全員が解体に同意していること。

補助額

解体費用の2分の1以内で上限20万円

詳しくは、岡谷市役所 建設水道部 都市計画課 建築・住宅担当 にお問い合わせください。

 

岡谷市の空き家に関する制度

 岡谷市空き家・特定住宅用地情報バンク

市内の空き家の有効活用を通し、住替え、Ujiターンによる定住促進と地域の活性化を図ることを目的としています。
市内の空き家を、売りたい・貸したいことを希望される所有者から寄せられた情報を、ホームページで公開することにより、空き家の利用を希望する方へ情報提供するシステムです。

特定住宅用地とは

 ・ 岡谷市に存在する住宅を除却後1年未満の土地で、かつ、居住を目的とした建物を建築できるものが該当します。

詳しくは、岡谷市役所 建設水道部 都市計画課 建築・住宅担当 にお問い合わせください。

 

出典:岡谷市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ