空き家に関する補助金:信越・長野県・小布施町

小布施町の空き家に関する補助金制度

小布施町空き店舗等活用事業補助金

町内における産業の活性化を図るため、町内の空き店舗等を活用して新たに事業所を設置しようとする者に対して、
下記のとおり補助金を交付します。(※詳しくは、下記事業概要をご参照ください)

補助対象事業者

  • 補助対象事業者とは、補助金の交付を受けようとする事業者で空き店舗等を借りる借り主であること(1事業者)
  • 小売業、サービス業を営もうとする者または町長が特に必要と認めた者
  • 町内において空き店舗等を借りる事業者が新規に事業を営む事業

補助対象経費及び補助率

  • 改修に要する経費(建物または土地の取得等は除く)
    3分の1(※100万円を上限とする)
  • 建物の賃借料(対象期間は1年間)
    3分の1(※月額5万円を上限とする)

補助金交付の条件

  • 市町村民税を滞納していない者
  • 小布施町景観計画に設けられた方針に基づき、景観形成に配慮した事業を推進する者(住まいづくり相談を受けていること)
  • 店舗及び事業所として2年以上活用すること
  • テナント業は補助対象としない
  • 商工会から推薦を受けたものであり、積極的に地域活動に参加するよう努める者

 

詳しくは、小布施町役場 企画政策課 定住交流係 にお問い合わせください。

小布施町定住促進補助金

小布施町は、人口の増加と移住を促進するため、町への転入を希望する方に対して、住宅の新築や購入、賃貸リフォーム(アパートを除く)に要する費用の一部を補助する「小布施町定住促進補助金」を創設しました。

 

交付対象者

  • 平成26年1月1日以降に小布施町に転入する方
  • 自ら居住するための住宅を自らの資金で新築や購入、戸建賃貸のリフォーム(アパートを除く)をする方
  • 申請時に本人又は同時に転入する配偶者のいずれかが40歳以下の者
  • 補助金交付後、10年以上継続して補助対象の住宅に居住する意思のある方

交付対象事業及び補助額

 

対象事業

内容

要件

補助額

新築住宅取得 新たに土地を購入(申請日前1年以内の購入を含む)し、住宅を新築または新築された住宅を購入する方 宅地(取得後の造成費等は除く。)及び住宅の取得価格(所有権の持分割合に応じた額。ただし夫婦で転入する場合は合算した額。)が2,000万円以上であること。 20万円
住宅を新築する方 住宅の取得価格(所有権の持分割合に応じた額。ただし夫婦で転入する場合は合算した額。)が1,000万円以上であること。 10万円
中古住宅取得 新たに中古住宅を購入する方(土地の購入を含む) 住宅及び宅地(取得後の造成費等は除く。)の取得価格(所有権の持分割合に応じた額。ただし夫婦で転入する場合は合算した額。)が500万円以上であること。 10万円
賃貸リフォーム 中古住宅(アパートを除く)を借り受けリフォームする方 100万円以上のリフォーム工事 10万円
加算措置 夫婦加算 妻または夫と転入する方 10万円
子ども加算 子(18歳以下)と転入する方 人数に関係なく10万円
町内住宅建築関係事業者加算 町内業者を元請として住宅を新築またはリフォームする場合(新築住宅取得及び賃貸リフォームの事業のみ対象) 10万円

詳しくは、小布施町役場 企画政策課 定住交流係 にお問い合わせください。

 

小布施町村の空き家に関する制度

現在、小布施町の空き家に関する制度はありません。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ