空き家に関する補助金:信越・長野県・飯山市

飯山市の空き家に関する補助金制度

飯山市移住・定住支援住宅建設促進事業

中古住宅を購入する場合

【対象となる要件】
(1)市外から転入しようとする方。
(2)市内へ転入してから3年以内で、かつ現在賃貸住宅に居住している方。
上記(1)又は(2)のどちらかの要件が満たされ、定住を目的として5年以上居住する予定の方。

補助金の額

詳しくは、飯山市役所 移住定住推進課 にお問い合わせください。

空き家改修事業補助金

飯山市では、飯山市への定住の促進のため、平成26年4月1日より「空き家改修事業補助金」を設けました。空き家を利用して移住定住をお考えの方で下記に該当する事業を行う場合、費用の一部を補助します。

1.空き家改修事業補助金を受けることが出来る条件等

  • 飯山市空き家バンクに登録された空き家を賃借(※この空き家を「空き家活用賃貸住宅」という)し、住宅部分の改修工事
  • 申請できる方は、飯山市に住む20歳以上で飯山市に3年以上定住する意思のある方(※「定住希望者」という)
  • 補助対象事業の内容及び補助率
補助対象事業の内応 補助対象者 補助基準
空き家活用賃貸住宅の改修で、対象となる工事費が20万円以上の工事を対象とします。
1. 台所、浴室、便所、洗面所等の改修工事
2. 内装、屋根、外壁等の改修工事
1. 転入により飯山市民となった20歳以上の者

2. 申請の日が転入の日から1年以内である

3. 定住希望者(市に3年以上住む意志)であって、物件所有者の3親等以内の親族でない方

補助率
補助限度額
1/2
40万円
  • 補助金の対象となる工事を施工するものは、市内業者でなければなりません。
  • この補助金は、補助対象者(同居人を含む)及び補助対象物件がともに同一の場合、1回に限り交付となります。
  • この補助金の交付となる事業は、飯山市が交付する他の補助金(住宅改築補助金及び住宅リフォーム補助金等)を交付されていないものとする。

詳しくは、飯山市役所 移住定住推進課 にお問い合わせください。

 

空き家活用事業補助金

飯山市では、飯山市への定住の促進のため、平成26年4月1日より「空き家活用事業補助金」を設けました。所有する空き家を飯山市空き家バンクに登録し、下記に該当する事業を行う場合、費用の一部を補助します。

1.空き家活用事業補助金を受けることが出来る条件等

  1. 登録空き家とは、飯山市空き家バンクに登録された空き家
  2. 補助対象事業の内容及び補助率
補助対象事業の内応 補助対象者 補助基準

登録空き家を売却又は賃貸するに当たって実施する家財道具等の搬出処分・清掃等を行なう費用を対象とします。
1. 家財道具等の運搬及び処分

2. 屋内及び屋外の清掃

所有者等(登録空き家及びその土地の所有権又は売却若しくは賃貸する権利を有する者)
補助率
補助限度額
1/2
10万円
  1. この補助金は、補助対象者(同居人を含む)及び補助対象物件がともに同一の場合、1回に限り交付となります。

詳しくは、飯山市役所 移住定住推進課 にお問い合わせください。

 

飯山市の空き家に関する制度

空き家バンク

1.空き家バンクの目的について
 飯山市内の空き家を有効活用して、飯山市民と都市住民の交流拡大や定住促進により、地域の活性化を図ること、また地域の景観保全を推進することを目的に空き家情報の登録と提供を行うものです。
2.空き家バンク制度について
 この制度は、飯山市内の空き家などを賃貸や売買を希望する所有者から物件の提供を求め、市の「空き家バンク」に登録された情報を、物件の利用希望者に提供するものです。
3.空き家バンク起用希望者の加入要件
 ■定住または定期的に滞在して、経済、教育、文化、芸術活動などを行うことを希望されている方
■定住または定期的に滞在して、飯山市の自然環境、生活文化などに対する理解を深め、地域住民と協調して生活することを希望される方

詳しくは、飯山市役所 移住定住推進課 にお問い合わせください。

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ